9/ 18(日) KAIRオープン・アトリエしました。

アート2016年9月30日

ニコライ

投稿者:ニコライ

 Kair2016 オープン・アトリエが、9/18(日)午前10時
より開かれました。

徳島市内からのお客さんも多く、60~70人くらいの
参加がありました。 

00014133.jpg

まずは、オランダから来られた、招聘作家「マライン」さん。
日本文化に興味があります。
アトリエ左端に「漢字書いてある額(がく)」が置いてありました。
00014132.jpg

通訳は、18年目も続いてして頂いている吉田さん。

00014131.jpg

ピカソにも興味がある!って言っていました。

続きまして、日本人ですが、ドイツから来られた
清水麻紀さん。

00014130.jpg

(中央。工藤さんとエマちゃんは何 微笑んでいるのかな)

00014129.jpg

清水さん。
「似顔絵的イラスト作品」といえば良いのでしょうか
学生時代から書いていたという作品 を冊子にした
ものを見せてくれております。
00014128.jpg

彼女。
下分「辰の宮」の下の鮎喰川で、よく泳いでおりますと
言っておりました。
そのとおり、健康そのものであります。
00014127.jpg

続いて、ジェニーン・シノダさん。
(日系4世だったと思います)アメリカ人女性。

00014125.jpg

インスタレーション作品を制作中です。

00014124.jpg

午前中でツアーは、ほぼ終了。
ランチに向かう前に、
旗を持った、KAIR杉本哲男会長と、記念写真。

00014123.jpg

右端は、スエーデンから「ベッド&スタジオ」で来た
舞踏家の「フラウケ」さんこと「キャロリンちゃん」。
可愛い顔しておりますが、踊る時とは、
別人のようであります。
(後日、9/25 キャロリンちゃんの踊りの記事を載せますので
ギャップに驚いて
やってください)(笑)

00014122.jpg

さて、昼からは
清水麻紀さんの「神山かるた」をつくるにあたって、

皆様から応募された「句」の選考会です。
00014121.jpg

たとえば、「や」から始まる句なら
「やっと来た 神山 文化の町」を始め
6つの「句」があります。
これだと、自分が良いと思った句に1票のかわりに
スダチ1個を置いてゆきます。

最終的に残った「句」であります。
00014120.jpg

まんなか右、スダチ4個獲得の句。
「目もくらむ崖の上には鹿舞滝山」
鹿舞滝山←「かまたきやま」と読むそうです。
私も初めて聞きました、
上分、「岳人の森」 近くにある山だそうです。
選考開始から約2時間。

00014119.jpg

“みなさま、この句でよろしいでしょうか?”と

私が、確認し、読み上げております。
厳正な選考の結果、このように決まりました。

やりました!
00014118.jpg

清水さんは、この句に、「絵札」を作ってゆきます。
40数枚もあるのに、たいへんだぁ・・・~。

「ハメ酒・ポカリスエット割り」・「マタタビ酒」
飲んで頑張ってください。(笑)

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です