紅花で Natural dye Workshop ~紅花染め体験~ 

神山日記帳2017年6月9日

Cafe ELEVEN

投稿者:Cafe ELEVEN

神山で、毎週火・水曜日、Cafe ELEVENをしている神先です。

カフェとは別に3年ほど前より『ふた藍プロジェクト』(※)という活動をしていて、神山で藍と紅花を栽培しております。ちょうどこれからの時期、6月の後半から紅花が咲き始めます。この紅花の花びらを収穫して”紅餅”という染料をつくり、染めに使います。

徳島では珍しい紅花の、花の収穫から染めるまでを体験してみませんか?

これが紅花。たくさんトゲがありますので、花摘みの時は必ず手袋をご用意ください。

染めるものは、手ぬぐいをこちらで用意しています。

もし、自分で染めたいものを持って行きたいという方がいましたら、あまり大きくないものであれば大丈夫です。Tシャツ1枚程度ならOK!

(ただし別途料金がかかります。)

 


※ふた藍プロジェクトとは、徳島県の”藍”と山形県の”紅花”をテーマにしたプロジェクト。古代日本では”藍”が”染料”を指す言葉で、中国から伝えられた紅花は、呉(くれ)の国の染料という意味で”呉藍”(くれのあい)と呼ばれ、その言葉が次第に転訛し”紅”(くれない)となった。ふた藍とは、藍と呉藍(紅花)の二つの”藍”を重ねた色のこと。”ふた藍”という言葉を知ったとき、自分のルーツである徳島と山形がつながるプロジェクトができそうだと思い、2015年から徳島県神山町で草木染め職人さんと一緒に藍と紅花を栽培し、染料にしてふた藍染めを始めました。
一から自分たちでつくり上げる作業を通じ、ふた藍のみならずそれぞれの背景にある人や文化、ストーリーなどを繋ぎ、発信していけるプロジェクトを目指し少しずつ活動をしています。

 

当日は、紅花cafeもオープン!紅花の花びらや若葉を使ったお弁当やお菓子などを少し販売する予定です。

ワークショップは予約制ですが、あいていれば予約なしでも参加できます。お花畑もとても綺麗なので、お気軽に見にきてくださいね。

 

日時:6/24・25  7/1・2・8
時間:紅花ワークショップ 10時〜/14時〜 (2時間くらい)Cafe 11時〜16時
場所:てくてく栗生野 徳島県名西郡神山町下分字栗生野65
WS料金:¥2,000
定員:各5名くらい 要予約ですが空いてれば当日参加もできます
持物:汚れても良い服装・軍手・ビニール袋
   染めたいものがあれば持参してください(別途料金がかかります)
連絡:Tel ( 090-2709-4196 ) か
   Mail (kanzaki@11f.co.jp)神先まで
   ここのコメント欄でも構いません!

 

Cafe ELEVEN

Cafe ELEVEN

神山の上角で毎週火・水曜日『Cafe ELEVEN』というパスタとハンバーガーのランチのお店をしております。その他、"食"を中心に県内の各地で出張カフェやケータリング、地域コーディネートの仕事、藍と紅花をテーマにした『ふた藍プロジェクト』の活動をしております。

Cafe ELEVENの他の記事をみる

コメント一覧

  • お世話になっております。 川塾の塩崎(ヨメ)です 紅花染めワークショップの、 7/2(日)14時からの回に 友人と、3歳の娘と行きたいのですが、 大人2名 子ども1名 で予約できますか? もしまだ空いていたらよろしくお願いします。

    2017年6月28日 12:51 | 塩崎聡子

  • こんばんわ、お久しぶりです! 7/2 14時から空いてますよ!ぜひぜひお越しくださいませ〜!!

    2017年6月28日 22:22 | Cafe ELEVEN

  • ありがとうございます! 楽しみにしています(^^)

    2017年6月30日 09:02 | 塩崎聡子

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です