挿し木から緑を育む楽しみ

住まい2017年6月29日

高田 友美

投稿者:高田 友美

昨日、城西高校神山分校造園土木科3年生の皆さんと、挿し木の授業を行いました。大埜地にあたらしくできる集合住宅の庭づくりに必要な植栽を、挿し木から育てていこうという試み。集合住宅のランドスケープデザイナー・田瀬さんと、地域植生に詳しい神山分校の片山先生から指導してもらいながら、みんなで取り組みました。

まずは、山主さんの許可をもらった大久保谷の林道沿いを歩きながら、挿し木する枝を採取。

今回は私がメモできた以下14種類も含めて、計20種類くらいを採取できました。地域の様々な植物を増やしていけそうです。希少種を採り尽してしまうことのないよう気を付けながら、少しずつ採取していきます。

それぞれのビニールがいっぱいになったところで、高校のビニールハウスに戻り、挿し木苗を作成していきます。

どの枝や葉を切り落としていったらよいのか? ​どんな風に挿したら、根付きやすいのか? 悩みながら、先生たちにアドバイスももらいながら、それぞれ1トレイずつ挿し木して、最後にたっぷり水やりをして、完成です!

下の写真は、神山つなぐ公社の山口さんと私の2人でつくった挿し木トレイ。自分では「いい出来!」と満足していたのですが、その後の田瀬さんチェックでは「葉っぱが多すぎるから、もっと切らなきゃ」だそうです…。

挿し木がちゃんと根付いたかどうかが分かるのは2ヶ月後。高校生のみんなと一緒に、生長を楽しみに見守っていきたいと思います。

高田 友美

高田 友美

静岡県浜松市出身。神戸→東京→スウェーデン→滋賀を経て、神山にたどり着きました。神山つなぐ公社では「コミュニティ・アニメーター」として、主に大埜地の集合住宅から始まるコミュニティ育成を担当。

高田 友美の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です