7/21 鮎喰川すまい塾 第5回は「家族と間取りの話」について

住まい2017年7月4日

高田 友美

投稿者:高田 友美

こんにちは、神山つなぐ公社の高田です。

これからの暮らしや住まいづくりについて、みんなで学ぶ「鮎喰川すまい塾」。
今年度初、第5回のテーマは、設計者に学ぶ「家族と間取りの話」です。

住まいを決めるときに気になる「間取り」。
でも、子どもも家族も成長し、あり様も変化してゆきます。
最初から個室に分けて考える○LDKではなく、
大きな部屋を住みこなしていく暮らしの形とは?

ゲストには、神山の集合住宅設計も手がける
ビオフォルム環境デザイン室 代表の山田貴宏さんと
アルキノーバ代表の高木雅行さんにお越しいただきます。

家族の成長と家の使い方の関係を、
山田さん・高木さんのこれまでのお仕事や、
集合住宅・住戸棟の紹介を通じて聞いてみたいと思います。

どうぞお越しください。

 

鮎喰川すまい塾 第5回

日時: 2017年7月21日(金)
昼の部 10:00~12:00
夜の部 19:00~21:00

*昼の部と夜の部は同内容です。

会場: 神山町農村環境改善センター 2階和室
(徳島県名西郡神山町神領中津132)

主催: 神山町・神山つなぐ公社

*申込不要・参加無料

*子ども連れのご家族も参加しやすいように、畳敷きの大広間(2階)で
 開催します。少々賑やかにしてもらっても大丈夫。気兼ねなくお越しください

高田 友美

高田 友美

静岡県浜松市出身。神戸→東京→スウェーデン→滋賀を経て、神山にたどり着きました。神山つなぐ公社では「コミュニティ・アニメーター」として、主に大埜地の集合住宅から始まるコミュニティ育成を担当。

高田 友美の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です