オランダの中高生と料理交流

神山日記帳2017年10月12日

中沢聖史

投稿者:中沢聖史

今年から始まった神山国際交流プロジェクト。8月には神山町の中高生7名がオランダを訪問しましたが、今度は10/18(水)~10/25(水)の間、オランダの中高生が神山町にやってきます。

そこで、オランダの中高生をシェフに迎え、オランダの家庭料理「スタンポット」と「アップルパイ」をつくります。

「スタンポット」はオランダ風のマッシュポテトで、ジャガイモと野菜を茹でて潰した鍋料理。主食がジャガイモであるオランダで、昔から愛されている家庭料理のひとつです。

ソーセージやミートボールとあわせて食べるのが定番ですが、今回はミートボールもつくります。

もう一品は、「アップルパイ」。世界中で愛されているデザートですが、オランダのレシピには、新しい発見があるかも?

どちらもオランダチームから一押しのメニューです。料理を通して、中高生との交流もぜひお楽しみください!(通訳あり)

皆様のご参加をお待ちしています。

【日  時】2017年10月21日(土)午後12時〜14時半終了予定

【場  所】改善センター1階 調理室

【参加費】1000円

【定  員】先着20名

【持ち物】エプロン

【申し込み方法】Email(kiep@tsunagu-local.jp)まで、氏名、参加人数をお送りください

神山つなぐ公社(担当:森山・中沢)

中沢聖史

中沢聖史

神奈川県出身。神山つなぐ公社 教育プログラム担当。SNS音痴。インドア派。

中沢聖史の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です