「薪パン」オープンしました!

神山日記帳2010年3月30日

大南 信也

投稿者:大南 信也

 (↑ 開店の日を迎えた上本さん。グリーンバレーが進めているワークインレジデンス第一号として、1年半前に大阪から移住してきました。)

<<ただ今、休業中です。>>2014.3.17

待ちに待った青石窯で焼く「薪パン」が本日、オープン!神山が香ばしいパンの香りで包まれ始めました。

まあ、こう言っちゃなんですが、神山でこんな多種多彩な、しかも石窯で焼いたパンが食べられるような時代が訪れるとは想像だにしませんでした。

例えば、こんなパンとか。

圧倒的ですね!「カンパーニュ」。フランス語で「田舎」を意味するらしい。神山産だと、「パン・ド・カミヤマーニュ」かな?!

神山山脈のような、あんなパン・・・。

これまた圧倒的!山食パン。ふすまや胚芽等を取らず小麦の粒を粉砕した「全粒粉入り山食」もある。

他にも、フォカッチャ 、各種フランスパン、ベーコンエピ・・・などが焼きあがっていました。

おやっ?松葉庵の女将さん。定休の火曜日だったこともあり、一番乗りでした!

味ですか?太鼓判を押します!かみ締めた時程よい弾力があって、最後に余韻が広がります。石窯パンならではの味わい。ぜひ訪れてみてください。なお、朝一の焼き上がりは午前10時。山食パンは正午前後に窯から出てきます。

この薪パンが一つの起爆剤となって、神山の中で農との連携や食材の循環が起こればいいなと思っています。

ガンバレ 上本さん!

※ 付近の地図(改訂版)を追加!(2010年4月19日)

徳島市方面から国道438号茶房「松葉庵」を通過し、約200mの所を神山温泉方向へ緩やかに右折。(狭い旧道を)約50m進んだ右側のトタン葺きの民家です。駐車場はありません。他の車両の通過に支障のないように、ご注意ください。

上記地図の番号と合わせてご参照ください。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です