鹿との暮らしを考える皮革工作教室

学び、ものづくり 2017年10月16日

作田祥介

投稿者:作田祥介

場所:
西分の家
開催日時:
2017年11月18日 13時〜16時

この秋から神山町で暮らし、「つくること」を仕事にしている人たちからアットホームに学べる「手でつくる教室」を開きます。染め師、靴職人、鞄職人、料理人といった方々が先生です。
みなさん学校の先生ではないため教えることに慣れていないかもしれません。でも、日々のつくるプロセスや神山らしさを活かした仕事を重ねる中で得た経験や技術、想いなど、人に伝えたいことを持っています。

この回では、鈴木カバン制作室の鈴木僚さんが先生となり、「鹿との暮らしを考える皮革工作教室」を開きます。鈴木さんは、獣害対策と連携して入手した毛皮を利用し、おじいちゃん・おばあちゃんを製造モデルに起用したオリジナルバッグの製造販売をされています。そこで今回、鈴木さんに「獣害や鹿との暮らし」についての話しを伺った後、皮を使ってコインケースを作ります。

【教室】

-鹿との暮らしについてのレクチャー

-コインケース作り

【時間】
13時〜16時頃

【参加費】
3,780円(税込み)
※材料の準備のため、お申し込み時の前払い制です。

【申込方法】
https://goo.gl/forms/fMYku8dmNA2j4cS93

 

 



鈴木僚
昭和48年生まれ、静岡県出身。
幼い頃よりものづくりの世界に魅せられ、平成6年にカバン制作の道に進む。日本有数のカバン産地である兵庫県豊岡市での修行の後、徳島県地域人材育成事業「神山塾」を経て、2017年4月に徳島県神山町で「鈴木カバン制作室」をオープン。ワークショップ講師の他に、地方の獣害対策と関連した皮革の活用法について講演等を行う。

【手でつくる教室】
第一回 11/11 【染める】「自然の色を楽しもう」ワークショップ (先生:瀧本昌平さん)
第三回 11/18 【つくる】「鹿との暮らしを学ぶ皮革工作教室」(先生:鈴木僚さん)
第四回 12/16 【料理】「家で丸ごとローストチキンを作ろう!」(先生:長谷川浩代さん)
全体のページについてはこちら