神山つなぐ公社とは?

2015年12月、神山町は地方創生の流れの中から、
創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」を策定しました。
神山つなぐ公社は、このプロジェクトを実現してゆくために設立された一般社団法人です。

神山町とそのつながりの中に、

・多様な人材がいる
・よい関係と、それを支える場がある
・新しい活動や仕事がほどよく常に生まれている

状態をめざして、プロジェクトを実現していきます。

 

神山つなぐ公社メンバーの集合写真

 

創生戦略を策定する中で何よりも大切にしたのは、
「実行のための計画をつくる」ことでした。

よく出来た戦略をつくっても、実行できなければ意味がありません。

大切なのは、実行する意欲と力のある人が、明確に存在することです。
そしてそのアイデアを、役場と住民(民間)の協働で実現してゆくことだと思います。

子供たちの人生観や仕事観は、周囲の大人の姿やあり方を見て形成されます。

大人たちが柔軟に、いきいきと働いて・生きていることこそ、
地域社会において何よりの教育資源であり、
ひとづくりの基礎を成すものではないでしょうか。
つまり他でもない私たち自身が、この計画を、希望をもって、あきらめずに、
楽しんでやってゆくことが大切なのだと思います。

子供たちの可能性をひろげる生き方を、地域として選んでゆきましょう。

 2016年5月 代表理事 杼谷 学 

 
 
 

【代表理事】
00013866.jpg

杼谷 学 Manabu Tochitani
徳島県神山町生まれ。1996年から神山町役場に就き、2016年神山つなぐ公社へ出向。全国に先駆けて行政による光ファイバー網の整備を担当し、都会との情報格差をいち早く解消。NPO法人里山みらい理事。大久保の里づくり協議会事務局。野球とバレーが得意。将来世代に命をつなぐために、責任を持って可能性のある社会を残していきたい。facebook

【業務執行理事】
00013867.jpg

大南信也 Shinya Ominami
徳島県神山町出身。青い目の人形「アリス」の米国への里帰りを契機に国際交流から地域づくりをスタート。アドプトプログラムやアーティスト・イン・レジデンスなどを実施。2004年設立のグリーンバレーで移住促進やサテライトオフィスの誘致を進める。神山に集うクリエイティブな人たちや住民が一緒になって、経済を含めた循環する町をつくりたい。

00013868.jpg

後藤太一 Taichi Goto
東京都世田谷区出身。米国ポートランドの街づくりに携わり、事業を通じた地域のデザインを生業とすることを決意。2003年に福岡に移住し、コンサルタントから地域マネージャーに立ち位置を修正。複数の官民連携組織を設立し軌道に乗せる。2015年の神山の創生戦略づくりに参画。冷静と情熱の複眼から、神山と世界を結びつけた新しい価値づくりに貢献したい。

00013869.jpg

西村佳哲 Yoshiaki Nishimura
1964年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。「イン神山」(2008~)の制作をきっけかけに、2014年から神山町で暮らしている。デザインプロジェクトを中心に、企画とディレクションを担うことが多い。そのほか大学等での講義や、ワークショップなど。著書に『自分の仕事をつくる』『ひとの居場所をつくる』など。twitter

【監事】

00013870.jpg
山口純一 Junichi Yamaguchi
徳島県神山町出身。神山で生まれ育ち、神山町役場で働き、2016年3月末で定年退職。神山町では一番奥の上分地区で暮らしている。神山つなぐ公社の人たちと、神山で暮らす人たちのつなぎ役となり、新しい神山を未来へつなげていくお手伝いが出来れば。

【スタッフ】

00013871.jpg
のうぎょう担当
白桃 薫 Kaoru Shiramomo
徳島県神山町生まれ。2006 年より神山町役場に勤務し、耕作放棄地対策や鳥獣被害対策を担当。その中で、神山の農業が抱える様々の問題点を身近で感じ、その問題を解決するため、フードハブ・プロジェクトの立ち上げと鳥獣被害対策を進めていきたい。

00013872.jpg

すまいづくり担当
赤尾苑香 Sonoka Akao
徳島県神山町出身。一級建築士。徳島市内のアトリエ系事務所で住宅や店舗の設計を学びながら、建築団体を通じてまちづくりや高校生の建築教育などに従事。2015年の独立を機に、改めて自分のまちを知り、地域の建築士としてまちに関わっていきたいと思うように。人々のすぐそばで、人々と共に生きていく、そんな暮らしのうつわをつくっていきたい。

00013873.jpg

しごとづくり担当
高田友美 Tomomi Takada
静岡県浜松市出身。住民主体の環境保全運動やコミュニティ開発を軸に、滋賀県の建設会社で「小舟木エコ村」プロジェクトの推進や、滋賀大学の特任教員として地域・企業とつながる学びの場づくりに携わってきた。公社では、まちに必要な事業や小商いの継業や起業のサポートを担当し、より暮らしやすい町にするお手伝いをしていきたい。

00013874.jpg

つたえる担当
友川綾子 Ayako Tomokawa
埼玉県志木市出身。アートギャラリー勤務や3331 Arts Chiyoda設立時のPRスタッフを経て2010年に独立。各種メディアで編集・執筆活動を行うほか、アートプロジェクトのマネジメントを手がける。主な執筆媒体は『美術手帖』、『CINRA.NET』ほか。国内外のアーティストが好んで訪れる神山で、まちの暮らしに寄り添うような情報発信をしていきたい。facebook instagram

00013875.jpg

ひとづくり担当 森山円香 Madoka Moriyama
岡山県岡山市出身。教育委員会および町営塾でのインターン経験を経て、福岡で教育NPOの支部を立ち上げ、教育プログラムの企画・運営に従事。神山の地方創生戦略策定を契機に神山へ。豊かな自然、営んできた歴史、培ってきた文化を受け継いでいく中で、人が健やかに育つことのできる環境づくりをしていきたい。facebook

———————————

会社概要

一般社団法人神山つなぐ公社
Kamiyama TSUNAGU Corporation

00013677.jpg

設立年月日 2016年4月1日
事業内容 神山町・まちを将来世代につなぐプロジェクト

〒771-3311 徳島県名西郡神山町神領字本野間100(神山町役場内)
TEL/FAX 050-2024-4700
MAIL contact@tsunagu-local.jp