すまいプロジェクトの映像完成 – 民家改修編 –

住まい2018年8月1日

赤尾 苑香

投稿者:赤尾 苑香

再びこんにちは、神山つなぐ公社の赤尾です!

今日は民家改修編。2軒の「すみはじめ住宅」の改修が終わり、運用へと移行しています。「西分の家」では、共有スペースの利用が広がってきています。ヨガ教室が定期的にひらかれて神山のお母さんたちが訪れてくれたり、共有キッチンを使った食のイベントも。

今年の冬に完成した「寄井の家と店」では、春から「豆ちよ焙煎所」さんが営業をはじめています。商店街に人の姿が現れ、お店の前を通りかかると店内でお喋りするお客さんと店主の姿が。近所のおばあちゃんたちもコーヒーを買いに来てくれているそう。

さて、ここで質問です!建物の改修完了した冬から通りに変化が。何だかわかります?

そうです!看板が設置されました!


まさに魔女の宅急便!

豆ちよさんの友人で、私の建築仲間でもある小松島の鉄工所さんオリジナル。焙煎機からコロコロと豆が転がって、店内へと誘導してくれます♩

先日は、豆ちよさんのコーヒーの淹れ方WSにも参加してきました。この話はまた今度ゆっくりと♩


それから、今年から神山町は「空き家相談、はじめました」。

神山町産業観光課と、神山町移住交流支援センターの相談窓口を明確化。5月の固定資産税通知にも案内を同封したところ、何件かの相談が寄せられました。

これまでにはこんな質問も。

 「荷物や仏壇があっても貸すことはできるんえ?」

答えは、「できます!」。例えば、母屋の一室や納屋に家主さんの荷物を置けるよう、契約で決めることができます。また借り手が見つかったら、神山町移住交流支援センターで荷物の片付けの手伝いもしてくれています。

どんな些細なことでも構いません。神山町にお持ちの家や土地のこと、ぜひお気軽にご相談ください!

民家改修プロジェクトもスタートして2年。改修から運用へ至るプロジェクトの進捗を、ぜひ映像でぜひご覧ください!

(映像制作/川口映像事務所)

赤尾 苑香

赤尾 苑香

神山つなぐ公社 すまいづくり担当の赤尾です。広野生まれ、広野在住。子供の頃は、山や川をかけ回っていました。

赤尾 苑香の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください