左右内の一本スギ

住まい2018年8月15日

Ikkun

投稿者:Ikkun

(伊藤 友宏)

左右内のある集落で、空き家のお家を見学させてもらった帰り道。

せっかくここまで来たのだからと、寄り道して「一本スギ」を見に行きました。杉ばっかの神山で、名前がついてます。気になっていたけど、神山に住んで5年、はじめてお目にかかれました。

1枚の写真では収まりきらないほど、立派な杉でした。杉がこんな形にまで育つのは、ただことでない気がします。

山奥ですが、お盆だったので他にも人がいました。

歩き遍路の通り道にもなっています。

遍路道をやってきたフィットなお兄さんは、一本スギも弘法大師さんも素通りして、焼山寺の方に行ってしまいました。何度も来ているのでしょうか?トレイルランニングってやつかもしれません。先日の「手でつくる教室」で作った、ワラーチが頭をよぎります。

この日の私は車で来ました。
たった2kmですが、一歩を踏み出す覚悟、引き返さない勇気、そんなのが試される道です。

個人的には、歩いて行くほうが楽しそう。雰囲気も、達成感も、何倍も味わえると思います。けど、家から歩いて行くわけにもいかないし、歩いてる人はみなさんどうしてるんでしょう。

お兄さん、どこから来たんですか?

聞いておけばよかったです。

ところで、見学させてもらったお家には、「おくどさん」がきれいに残っていました。焼山寺の参道から、あんなところにも家が建ってる!って、たくさんの人がリアクションする、あの辺り。なかなかの山奥です。こういう「おくどさん」なんかも、自分で修復して活かしたいって人には、おすすめできるお家かもしれません。

Ikkun

Ikkun (伊藤 友宏)

1989年生。奈良市出身→大阪→フィンランド→いま神山。移住交流支援センターの担当してます。 移住支援センターのアカウントにも、昔の記事あります◎ https://www.in-kamiyama.jp/author/immigration

Ikkunの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください