「Kim Boske」オープンアトリエ
Bed & Studio

アート

Art in kamiyama

投稿者:Art in kamiyama

場所:
神山町下分字今井121
開催日時:
2018年7月27日 18時〜19時

Kim Boske(キム・ボスケ)さんがオランダより来町し、6月22日よりベッド&スタジオアーティストとして滞在制作中です。8月1日までの約6週間、下分アトリエを拠点に制作を行います。
6月末に夫のメノーさん、一人娘のポリーメイちゃんと来町し、下分で暮らしながら活動しています。カメラを持って自然の中を歩き、心惹かれた場所と時間を写真に収め、そのいくつもの写真を重ね合わせ手を加えることで、幻想的な風景が浮かび上がる絵画のような作品を制作します。
今回は雨乞いの滝周辺を主に、天候や時間によって変わる風景を捉えながら、阿波和紙や藍染を使った作品作りに取り組んでいます。


キムさんの滞在最終週に合わせて、オープンアトリエ・アーティストトークを以下の日程で開催します。
お気軽にお越しください。

日時: 7月27日(金)18:00~19:00
(アーティストトーク18:00から)
場所: 下分アトリエ
 

●●●
Kim Boske
キム・ボスケの作品は、時間の経過によって起こる物理的変化がどう自分たちの視点に影響を与えるのかを、観察することである。

個々の観点、それらをいくつも重ね合わせひとつのイメージにすることで、さまざまな層が織りなす新たなリアリティーを生み出すのである。そこには何層にも入り組んだ複雑な世界が存在し、これは彼女にとってそのもののあるべき姿であり、作品の要として表現される。

それゆえ、不自然さともいえる違和感を覚えるかもしれない。しかし、物語と景色の調和が損なわれることはない。作品の構築を通して、鑑賞者は写真に収められた多種多様な物質や景色の色調・形を感知し、ゆっくりとその本質を捉えることができるのだ。

Kim Boske
"In her work Kim Boske examines how physical movement in time and space continually changes our perspective on the world. By releasing the individual perspective and bringing together various perspectives into one image, she creates a new, layered reality. This reality, which in her eyes presents itself more as "becoming" rather than “being”, fascinates her. That there is a completely hidden, layered, complex world behind the representation.

Therefore, in her work you can discover disharmony, but it never detracts from the unity of the story and the image. Through the construction of the work, in which all the different shapes and shades of the photographed objects and landscapes can be seen, the work unfolds little by little to the spectator. In doing so, the works do not seek the shape, but the essence of things."

公開日:2018年7月3日