神山つなぐ公社とは?

2015年12月、神山町は地方創生の流れの中、創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」を策定しました。神山つなぐ公社は、このプロジェクトを、スピード感と柔軟性をもって実現してゆくために設立された一般社団法人です。

神山町とそのつながりの中に、
 ・多様な人材がいる
 ・よい関係と、それを支える場がある
 ・新しい活動や仕事がほどよく常に生まれている
状況をめざして、プロジェクトを進めてゆきます。

>「まちを将来世代につなぐプロジェクト」とは?

神山つなぐ公社のメンバー(2021.5現在)

 

代表メッセージ

私たち「神山つなぐ公社」が一翼を担う、創生戦略|まちを将来世代につなぐプロジェクトの
第2期(2021~25年度)が始まりました。

5年目の節目(1期最終年)に、町役場と住民や出身者など多くの方々が、
「いま、まちで暮らす人々のためにできること」「将来世代のためにやっておきたいこと」
を話し合い、考えられた施策群です。

「まちを将来世代に…」という長期的な取組みで大切なのは、
地域の人びとが、そのときどきに必要なことを話し合い、実際に取り組んでゆくこと。
第2期では、よりよいかたちで世代交代が進み、
価値を積み重ねていく中山間地域の創造を目指します。

まちの一員として、先人から受け取った
「あきらめず」「いきいきと、楽しみながら」「とにかくやってみる」
姿を、次の世代に見せられる存在でありたいと思います。

 2021年5月 代表理事 馬場達郎 

 
 
 

【代表理事】

d938631f134fcd1e005ca98d45bb8fcf-226x226.png
馬場達郎 Tatsuro Baba
1983年神山町生まれ。6年間の地元銀行勤務の後、神山町役場に入庁。総務課の地方創生担当者として、神山町創生戦略・第2期の施策づくりをまとめる(2020年度)。2021年度からはその実行にむけて、神山つなぐ公社に出向。将来世代の可能性が広がる神山を、多様な人々との協働を通じて実現したい。


【業務執行理事】

00013869.jpg
西村佳哲 Yoshiaki Nishimura
1964年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。「イン神山」(2008~)の制作をきっかけに、2014年からおもに神山町で暮らしている。デザインプロジェクトを中心に、企画とディレクションを担うことが多い。そのほか大学等での講義や、ワークショップなど。著書に『自分の仕事をつくる』『ひとの居場所をつくる』など。Twitter

00013875.jpg
森山円香 Madoka Moriyama
岡山県岡山市出身。教育委員会および町営塾でのインターン経験を経て、福岡で教育NPOの支部を立ち上げ、教育プログラムの企画・運営に従事。神山の地方創生戦略策定を契機に神山へ。豊かな自然、営んできた歴史、培ってきた文化を受け継いでいく中で、人が健やかに育つことのできる環境づくりをしていきたい。Facebook


梅田 學  Manabu Umeda
大阪府堺出身。ウェディングプランナーを経て、ブライダル業界の人材を育てる、専門学校で講師・就職担当として学生をサポート。さらに教育の分野で、知識・経験を深めたいと思い、ひとづくり担当として、神山町に移住する事を決断。学生がまちの文化、豊かな自然、多様な人達と関わり、その中で学びが生まれる場づくりをしていきたい。

【監事】


吉田寛夫 Hiroo Yoshida
徳島県北島町出身。中小企業の経営支援、ベンチャー企業支援などを経験した後、2017年に帰郷。現在は四国大学で、学生を対象とした創業支援や産学官連携に従事。神山では、おいしいご飯と自然の遊びにおぼれながら、ユニークな人達とときどき仕事をする予定。

【スタッフ】

00013873.jpg
すまいづくり担当
高田友美 Tomomi Takada
静岡県浜松市出身。住民主体の環境保全運動やコミュニティ開発を軸に、滋賀県の建設会社で「小舟木エコ村」プロジェクトの推進や、滋賀大学の特任教員として地域・企業とつながる学びの場づくりに携わってきた。もともと神山に住んでいる人や新たに移り住んできた人たちが、学びや体験・遊びを共有できる場であるコミュニティを育んでいきたい。

 
安心な暮らしづくり担当
田中泰子 Yasuko Tanaka
徳島県徳島市出身。北海道で10年間、こどもたちとの活動に携わる。Uターンを機に神山で暮らし始め、神山塾、地域おこし協力隊を経て、地域包括支援センターで生活支援コーディネーターに。高齢者の困りごとや、地域にある社会資源の聞き取り調査に携わってきた。新たな支え合いの構築やしごとづくりにあたり、地域包括支援センターと神山つなぐ公社の二つの組織で働くことを活かし、幅広く活動をしていきたい。


ひとづくり担当
秋山千草 Chigusa Akiyama
東京都練馬区出身。小学生の「放課後」を豊かにするNPO組織で、複数の地域や住民を巻き込んだ体験プログラムの企画・運営を行い、多様な大人が子どもに関わる環境をつくってきた。神山町で教育に関わる働きに魅力を感じて移住を決意。多様な大人が身近にいるこのまちで、自分自身も楽しみながら人や組織の可能性を広げる関わりづくりをしていきたい。


ひとづくり担当
荒木 三紗子 Misako Araki
香川生まれ・埼玉育ち。大学時代、カンボジアの教育支援を行うNPOで体験教育プロジェクトを担当。熱海のまちづくりを行う団体でインターンを経験したのち、不動産再生に従事。神山の自然・食・ひとに惹かれ、2019年4月に移り住む。神山で暮らす子どもたちが、多様な人々と触れ合いながら、自身の可能性を広げる場づくりをしていきたい。

6676d38b9eec464eb5192d25d3c9d61.png
ひとづくり担当
兼村 雅彦 Masahiko Kanemura
沖縄県西原町出身。2014年に神山町に移住。神山塾、映像制作会社を経て、2019年から高校生の寮「あゆハウス」にハウスマスターとして関わる。移住と同時期から上分江田集落でのお米づくりにも携わり、現在は「エタノホ」として活動中。あゆハウスで過ごす高校生活3年間、この町を最大限感じられるようサポートしていきたい。

0c71876610fca766758597f0e118cced.png
ひとづくり担当
三好 絢野 Ayano Miyoshi東京都・あきる野市出身。昨年、夫と3人の子どもとともに神山に移住。婦人服の企画製造販売会社で働いたのち、都立学校(特別支援学校)に家庭科の教員として勤務。子どもを取り巻く衣食住に関心があり、彼らが日々の体験や学んだことを、いかに実生活で活かせるかということを日々考えている。時代とともに変化する子どもたちの暮らしが、より豊かなものとなるよう、見守り、育てていきたい。

———————————

会社概要

一般社団法人神山つなぐ公社
Kamiyama TSUNAGU Corporation

00013677.jpg

設立年月日 2016年4月1日
事業内容 神山町・まちを将来世代につなぐプロジェクト

〒771-3311 徳島県名西郡神山町神領字本野間100(神山町役場内)
TEL/FAX 050-2024-4700
MAIL contact@tsunagu-local.jp