サンドペーパーで仕上げるスプーン作りワークショップ

学び、ものづくり

kazue

投稿者:kazue

(KMSメンバーにしてほんのひろばの中の人でKAIR実行委員。GV職員。)

場所:
里山みらい
開催日時:
2018年7月28日 14時〜15時30分

こんにちは。KMSメンバーでほんのひろば担当のkazueです。

7月28日(土)上角の里山みらいで開催される「まちの読書室」で
サンドペーパーでスプーンを作るワークショップを行います。

作るのはスプーンと木べらが組み合わさった形の「へらさじ」というもの。
木が持つ良さを感じられるなめらかな形のスプーンで、
ジャムやクリーム状のものを瓶からすくって
パンやクラッカーに塗るのにとても適しています。

ヨーグルトを食べたりアイスクリームを食べるのにも良いですよ。
 

当日は木とスプーンの話から始めましょう。
何か知りたい、何か作ろうと思った時、本は頼りになります。
いろんな専門書があって面白いので紹介も兼ねて。

 

・木のスプーンの加工法ばかり集めた本
・素材としての木のことを詳しく記した図鑑
・古くから生活の中で使われてきた手道具の使い方の本
・道具の手入れについての本
などを見ながらお話しします。

作業は簡単。薄く調整した荒削りのスプーンを、
粗目と細目の2種類のサンドペーパーで
丸く口当たりよくなるまでやすりがけします。

そのあとオスモノーマルクリアというオイルを塗って拭き取り。
その日の作業はこれでおしまい。

長く快適に使えるようにオイルをもうあと2回塗りますが
それはわたしが預かって仕上げます。
完成したら郵送でお届け。

一足先にKMSで開催したワークショップでは
「やってると夢中になっちゃう」との声も聞こえました。

刃物は使いませんが
怪我にはじゅうぶん気をつけて作業してください。

持ち物:汚れても良い服装
参加費:1人 2100円
申込み先・問合せ kazue.ichiwaki()gmail.com まで ()を@に変えて送信してください
 

今回の読書室にはクラフトや木工の関連本を集めたコーナーも登場します。
そちらもお楽しみに!
 

公開日:2018年7月24日

kazue

kazue (KMSメンバーにしてほんのひろばの中の人でKAIR実行委員。GV職員。)

「生活」をこよなく愛するおいしいもの原理主義者の植物フェチ。 生活文化、おいしい食べ物、おいしいお酒、各地の植生、アート、ものづくりの現場と製品を求めてあちこちに出没。 退屈は敵。モットーは「おおむねきげんよく暮らす」。 岐阜県中津川市出身、2011年に東京から神山へ。

kazueの他の記事をみる