魚をさばこう第2回-サバ編-手でつくる教室19  

学び、ものづくり

作田祥介

投稿者:作田祥介

場所:
農村環境改善センター
開催日時:
2018年10月30日 14時〜17時30分

神山町で暮らし、「つくること」を仕事にしている人たちからアットホームに学べる「手でつくる教室」。染め師、靴職人、鞄職人、料理人といった方々が先生です。
みなさん学校の先生ではないため教えることに慣れていないかもしれません。でも、日々のつくるプロセスや神山らしさを活かした仕事を重ねる中で得た経験や技術、想いなど、人に伝えたいことを持っています。

19回目となるこの回では、日本料理の修行をした後、地元神山に戻り、茶房「松葉庵」と割烹料理店「麟角」で腕を振るう松村慶佑さんが先生となり、「魚をさばこう第2回 サバ編」を開きます。当日は2本おろします。どんな料理を作るかは、お楽しみに。(お酒にとても合う!一品です。)

松村慶佑さんのメッセージ
「やらなきゃわからん、数こなさなきゃわからん」ことだと思います。まずは怪我をしないよう、ゆっくりでいいので確実におろしていきましょう。 コツさえつかめれば、どんな魚でもおろし方は一緒です。

そして、家でこんなものができるんだ!という「手作り」や「調理の楽しさ」を伝えたいと思っています。当日さばいた後、家庭でできる料理を作ります。何を作るかはお楽しみに!あまり家でやらなかったことに挑戦してみましょう。
 

開催日 2018年10月30日(火)
時間 14:00-17:30
会場 農村環境改善センター 調理室
         〒771-3310 徳島県名西郡神山町神領中津132
持ち物 包丁・骨抜き・エプロン・三角巾・汚れても良い布巾・手をふく綺麗な布巾
    新聞・キッチンペーパー・ラップ・タッパー(長さ15cm以上)・保冷剤適宜
参加費 3,000円(材料費込み)
定員 10名
お申込フォーム
https://goo.gl/forms/WgCywPegSf5M09n02
(注)天候により市場にサバが出回っていない場合、魚が変わる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

先生プロフィール
松村慶佑
静岡県の日本料理屋店、銀座の割烹料理店での修行後、2008年9月に地元・神山へ。 2009年より松葉庵で定食を始め、3年後、割烹料理店「麟角」を増設・開店。 主に地元の食材を中心としてコースメニューを構成している。


茶房 松葉庵

公開日:2018年9月28日

作田祥介

作田祥介

神山つなぐ公社 しごとづくり担当・理事 神山の本好きが集まる「ほほほんクラブ」部員

作田祥介の他の記事をみる