「草木染めで自然の色を楽しもう」第7回 茜染め編 [手でつくる教室21]

作田祥介

投稿者:作田祥介

場所:
鬼籠野すみはじめ住宅「西分の家」
開催日時:
2018年12月15日 10時30分〜14時30分

神山町で暮らし、「つくること」を仕事にしている人たちからアットホームに学べる「手でつくる教室」を開きます。染め師、靴職人、鞄職人、料理人といった方々が先生です。
みなさん学校の先生ではないため教えることに慣れていないかもしれません。でも、日々のつくるプロセスや神山らしさを活かした仕事を重ねる中で得た経験や技術、想いなど、人に伝えたいことを持っています。

この回では、天然染料の染め物屋「染昌」の瀧本昌平さんが先生となり草木染めの教室を開きます。

これまで「ざくろ」「びわの葉」「ヨモギ」「藍の生葉」「栗のいが」で染めました。今回は「茜染め」です。クリスマスの時期に合わせた色を選びました。神山で採れる日本茜と今回扱うインド茜の違いに触れながら、染め体験を楽しみましょう。ご興味のある方、ぜひご参加ください。


【染めるもの】①②のうちご希望のものをお選びください。
①シルクの靴下
②持ち込みの自由染色(但し、大きさや重さなど応相談。どんなものを染めたいか、事前にお知らせくださいませ。)

【参加費】
3,000円(材料費込み)
※親子でご参加のご希望の方は親御さん1名3,000円、お子さま1名1,000円にてご参加いただけます。材料の準備のため、お申し込み時の前払い制です。また持ち込みの場合は参加費が変わる場合がございます。

【ランチ】
染めて乾くのを待つ間、昼食をする予定です。ご希望の方はご用意します。700円程度。ご自身のお弁当持参もOKです。

【定員】
10名

【お申込フォームへ】
https://goo.gl/forms/kDQ0qEOQ71waNRhl2

 

 

 



瀧本 昌平
昭和57年生まれ。徳島県出身。京都の染工房で修業したのち、地元徳島で独立。幼少時の楽しい思い出から神山へと導かれ、染めものを生業としながら稲作や畑をして家族で生活を営む。

公開日:2018年11月16日

作田祥介

作田祥介

神山つなぐ公社 しごとづくり担当・理事 神山の本好きが集まる「ほほほんクラブ」部員

作田祥介の他の記事をみる