まちを将来世代につなぐ集合住宅|単身者用シェアユニットの入居者募集プログラム

遊び、そのほか

高田 友美

投稿者:高田 友美

場所:
神山町内 各所
開催日時:
2019年3月2日 12時〜22時
2019年3月3日 7時〜17時

神山町では、将来世代が健やかに育っていける環境づくりを目指し、複数のプロジェクトが進んでいます。「大埜地の集合住宅」プロジェクトは、2017年より4年にわたり、子育て・働き盛りの世代を中心に、計20戸の住居を整備する計画です。2018年夏に第一期の入居が始まりました。多様な働き方・暮らし方をする人たちが交わることを期待して、このたび「単身者用シェアユニット(3人×2戸・男女別)」の入居者を募集します。

(住戸等の詳細については、神山町役場の特設ページをご覧ください)

募集に際して私たち(神山町役場・神山つなぐ公社)が大事にしているのは、神山の食や水に触れ、人に会い、まちの最新の状況も感じてもらいながら、一緒に語り合い、よい出会いを互いにあきらかにしてゆくことです。単身者用シェアユニットへの入居に関心のある方は、3月上旬の神山体験型申込プログラムにぜひご参加ください。

【概要】
日時 2019年3月2日(土)12時頃 神山町集合
   2019年3月3日(日)17時頃 神山町解散
   ※詳しい集合・解散場所は、参加者の方にお知らせします
対象 神山町で暮らすことに関心のある、40歳未満の単身者
費用 交通・宿泊・食事にかかる実費
   ※一人あたり宿泊費 7,000~8,000円+食費5,000円程度。現地で各自精算です。
   ※宿泊は、基本的にWEEK神山のグループルーム(6人のドミトリー)もしくはツインルームで、他の参加者との相部屋になります。
   ※食事は、1日目昼食、夕食、2日目昼食が各自負担、2日目朝食は宿泊費に含まれます。
主催 神山町役場
運営・問合せ先 神山つなぐ公社(担当:高田)
   TEL 050-2024-4700 Mail co-housing@kamiyama.i-tokushima.jp

*大埜地住宅の単身者用シェアユニットに入居を希望される方は、本プログラムへの参加が必須です。
*部分参加はできません。ご了承ください。(ただし、この日程は都合が合わないが、別日程があればぜひ参加したい、という方がいたら、こちらのフォームからお知らせください)

【申し込み方法】
 こちらの申込フォームにアクセスの上、必要事項をご記入ください。
 *締切:2019年2月22日(金)

・・・・・・・・
【2日間の流れ】
● 初日(3/2(土))
 12時  集合@神山町役場、2日間の流れ説明、昼食
 13時半 まち巡り①(入居募集中の大埜地住宅とその周辺エリア)
 17時頃 入浴(神山温泉)、チェックイン
 19時  夕食「みんなでごはん」@WEEK神山
 食後  神山で仕事を見つけたい・始めたい人への状況共有
     参加者同士の交流・対話
 泊)WEEK神山

● 2日目(3/3(日))
7時 朝食
8時 ここ2~3年のまちの動きのご紹介 
午前 まち巡り②(移り住んだ人が始めた仕事や、まちのお世話役を訪ねて)
12時 昼食                             
13時 入居申込に向けて                      
17時 クロージング、解散

*ファシリテーター 西村佳哲、高田友美ほか(神山つなぐ公社)
*スケジュールは、状況に応じ組み替える場合があります。ご了承ください。
*プログラム外ですが、3/1(金)夜もしくは3/2(土)午前中に追加のご案内も調整可能です。プログラム内ではご案内しきれない場所に一緒に行ったり、語り合ったりしましょう。ご希望の方は申込フォームの備考欄で伝えてください。


公開日:2018年12月20日

高田 友美

高田 友美

静岡県浜松市出身。神戸→東京→スウェーデン→滋賀を経て、神山に移り住みました。神山つなぐ公社では「コミュニティ・アニメーター」として、主に大埜地の集合住宅とすみはじめ住宅から始まるコミュニティ育成を担当。休みの日はノラ上手に励んでいます。

高田 友美の他の記事をみる