【大阪】DOORS HOUSE|神山杉を使った曲げわっぱ弁当箱づくり

学び、ものづくり

藤本 彩(イン神山編集部)

投稿者:藤本 彩(イン神山編集部)

場所:
DOORS HOUSE
開催日時:
2019年9月28日 13時〜17時

徳島県の山あいにある神山町。この度、「URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ)」の方々とご縁があり、神山と共に暮らしについて考え、モノやヒトを通じたイベントの開催が決定しました。

アーバンリサーチ ドアーズの方々が、神山滞在中に出会った「住むこと」「食べること」「地域に根づいた暮らしをすること」。 神山町のええもん(いいもの)に直接触れ、商品だけでなく取り組みを紹介いただく展示会『“神山ええもん展” ~ドアーズが選ぶ徳島 神山町のいいもの~』。会場は、大阪南船場にある「DOORS HOUSE(ドアーズハウス)」。(会期:2019年9月27日(金)〜10月15日(火)まで)

9月28日(土) は、神山で曲げわっぱづくりを行なっている、近藤奈央さんのワークショップ『神山杉を使った曲げわっぱ弁当箱づくり』が開催されます。

近藤奈央さんは、神山町出身で2013年にUターンした、曲げわっぱ作家・フードフォトグラファー 。ワークショップや写真撮影で、全国各地での実践と発信に邁進している方でもあります。

ご本人がとても「曲げわっぱ愛」に溢れていて、その曲げわっぱ好きがこうじて作り手にもなったという。失敗をしながらも試行錯誤を続け、いまのかたちにたどり着いたところが、わたしはとても素敵だと思っています(いまも日々、取り組まれていて)。

これまで、神山町内では「つくること」を仕事にしている人たちからアットホームに学べる「手でつくる教室」や、 Food Hub Project が主催する「地産地食の学校」などで、近藤さんと一緒につくる時間が育まれてきました。

「地元の杉を使った神山曲げわっぱの活動を通して、日本の伝統的なものづくりと循環型経済を結びつけるのが願い」と近藤さんは話します。

曲げわっぱ愛に溢れた近藤さんによるワークショップ。「あたたかみ」のある木の素材から神山を感じるひとときを一緒に過ごしませんか? ぜひこの機会に、ご参加ください。

〜WORKSHOP 1〜
神山杉を使った曲げわっぱ弁当箱づくり

講師:近藤奈央さん
日時:2019年9月28日(土) 13:00〜17:00
※進行次第では延長する可能性もございます。
定員:5名
参加費:税込16,000円 (ドリンク付き)

●詳細・お申し込みはこちらをご覧ください

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
“神山ええもん展” 〜ドアーズが選ぶ徳島 神山町のいいもの〜
期間:2019年9月27日(金)〜10月15日(火)
店舗:DOORS HOUSE (南船場店併設)
住所:〒541-0059 大阪市中央区博労町4-4-4
TEL/FAX:06-6241-2061
営業時間:11:00~20:00
(カフェ営業時間:11:30〜20:00 ※時間帯によって一部メニュー変更あり)
定休日:不定休
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【DOORS HOUSEについて】
DOORS HOUSEは、アーバンリサーチドアーズのフィルターを通し、「物を買う楽しさ」や「新しい経験価値」をお届けする催事場です。毎回、様々なワードを切り取りテーマに掲げ、「この場所で・その瞬間」しか体験できないような催しをご用意し訪れる度に新しい発見ができる、親しい友人宅のような場所でありたいと考えております。
さぁ、新しい扉をノックしてみてください。

 

公開日:2019年9月13日

藤本 彩(イン神山編集部)

藤本 彩(イン神山編集部)

神山つなぐ公社・つたえる担当。「イン神山」編集部。好物は、かまパンのチョコローフ、スキーランドのアメゴ定食。 最近は石積みが気になっています。

藤本 彩(イン神山編集部)の他の記事をみる