しごと本読書会 4【小商い・お店編】

学び、ものづくり

作田 祥介

投稿者:作田 祥介

場所:
豆ちよ焙煎所
771-3311 神山町神領字北85-3
開催日時:
2018年12月5日 18時30分〜20時30分

今年の6月から8月にかけて、「しごと本読書会」のお試し版をコンプレックスで3回開きました。この場を借りて、集まって頂いた皆さん、改めて!ありがとうございました。
その後も楽しかった余韻があり、再開してみようと思います。

第4回は「小商い・自分の店」がテーマです。課題本は、東京・荻窪の新刊書店タイトルの店主 辻山良雄さんが書いた 『本屋、はじめました 新刊書店 Title 開業の記録』(苦楽堂)です。

今回開く場所は、ペチカに火が灯る「豆ちよ焙煎所」。もちろん千代田孝子さんも同じ輪の中にいます。

ご興味のある方、寒い冬の夜、温かいコーヒーとともにいかがでしょうか。​

 


豆ちよ焙煎所

<本のこと>
課題本:『本屋、はじめました 新刊書店Titleの開業の記録』
著者:辻山良雄
出版社:苦楽堂

<概要>
日時:12月5日(水)18時30分からゆるゆると2時間くらい
参加費:500円。当日精算。コーヒーとお菓子付き。
持ち物:課題本
お申し込み:11/10 満席となりました。キャンセル待ちとなります。
https://goo.gl/forms/NxKI2MdmX0jzDRFg2
定員:5名(先着順)
注意事項:予定が変更になる場合があります。その際はメールでご連絡します。

<参加にあたって>
・できる限り事前に読んできてください。
・集まったみんなで気さくに話せる場にしたいと考えています。
・ご自身の抱えている仕事の課題をすぐに解決できる特効薬のような期待を求めず、時を経てじわじわと効いてくるようなイメージでいただけると幸いです。

公開日:2018年11月6日

作田 祥介

作田 祥介

時々、神山で読書会を開いています。「ほほほんクラブ」所属。本についてのあれこれを書くアカウントです。写真:生津勝隆さん

作田 祥介の他の記事をみる