新春特別対談:シリコンバレーから見る、神山バレーのこれから

学び、ものづくり

竹内 和啓

投稿者:竹内 和啓

(NPO GreenValley, Inc.)

場所:
神山町農村環境改善センター 3Fホール
開催日時:
2018年1月31日 18時〜20時

【ご注意】イベント会場が変更になりました!
新しい会場は、農村環境改善センター 3Fホールです。

Apple, Google, facebookなどの世界のIT産業が集積するアメリカ西海岸のシリコンバレー。今やITにとどまらず、あらゆる新規事業に人、金、情報が集まる世界の中心的存在であり、いまだ発展を続けています。

かつて大南がそこで青春時代を過ごした1970年代後半は、まだ黎明期。Apple computer の創業もこの頃。その会社名の由来は、そこがかつてリンゴ農園が広がっていた場所だったから、というのを皆さんご存知ですか?のどかな田舎町だけど、いろんな新規事業が芽吹きつつあった、可能性にあふれた時代だったことでしょう。いつかはこの街のように。「グリーンバレー」という名は、そんな思いでつけられた名前です。

そんなエキサイティングな街、シリコンバレーから、今回スペシャルゲスト、桝本博之氏をお迎えします。桝本氏は、阪神淡路大震災での被災をきっかけに、20年前に思い切って転職で渡米、不退転の思いでチャレンジを重ね、今は現地で複数の会社を経営。一方で、インキュベータとして世界で活躍する日本人の育成にも尽力されています。2015年からはシリコンバレー日本大学設立を目指して日米を奔走されています。

今回、桝本氏からは、シリコンバレーは今どんな街なのか、その魅力や、これから作ろうとしているシリコンバレー日本大学についてお話し頂き、その後、大南理事長も加わり、お二人から神山はどこへ向かい、目指すべき姿はどうあるべきか。そんなお話を対談形式でお伝えします。

参加費無料。
人数把握のために、こちらの⇒フォームへの参加申し込みをお願いします。

対談終了後には、同じ場所で簡単な懇親会を予定しています。
こちらは参加費お一人様1000円頂戴いたします。
参加申し込みは同じ上記フォームへ。

桝本博之氏プロフィール:
同志社大学商学部卒、85年東洋紡入社。当時の新規事業部門であった生化学事業部に配属され、国内業務を経験したのち海外業務を手がける。96年にシリコンバレーの研究用試薬メーカーに転職して渡米。45カ国の地域への販売代理店整備や現地法人設立を実施。2000年に独立し、B-Bridge International, Inc.をシリコンバレーに設立。2003年以降は、更なる日本のテクノロジーのグローバライゼーションを目指し、インキュベーションビジネスや独自のR&Dを行っている。2006年6月よりグローバル人材育成支援の一環として、日本人大学生、社会人、企業人を対象にした、教育サービスを展開。2009年よりシリコンバレー日本人起業家ネットワークの会長も昨年まで務めた。2015年、現地の起業家仲間とシリコンバレー日本大学設立検討委員会を設置。大学法人格の取得を目指し、日々奔走している。

公開日:2018年1月8日

竹内 和啓

竹内 和啓 (NPO GreenValley, Inc.)

竹内 和啓の他の記事をみる

“学び、ものづくり”最新イベント

学び、ものづくり2020年09月07日

オンライン神山視察

哲学カフェin Kamiyama vol.2

学び、ものづくり2020年09月02日

哲学カフェ in Kamiyama vol.2

“学び、ものづくり”一覧をみる