神山国際アクセラレータープログラム:「水耕垂直庭園」のデモを開催します!

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

投稿者:神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

場所:
神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
開催日時:
2020年2月28日 13時〜15時

2020年2月20日からスタートした、新たなスタートアップ・イン・レジデンス事業「S6IX-神山国際アクセラレータプログラム」。このプログラムは、アメリカから精鋭の起業家達を町に招き、3週間前後滞在しながら、町内や県内事業者、大学などの研究機関との共創機会を探るという、田舎発、日本初の非常にチャレンジングなプログラムです。

2/20の夜に神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスで開かれたウェルカムパーティの後、プログラムのために町に滞在しているスタートアップ企業(参加者についてくわしくはこちら(英語))のメンバーは、この連休に早速、町の皆さまのご協力いただき、神山の自然と数々のアクティビティを満喫しました。その間にも、彼らは具体的なプロジェクトを着々と進めています。

そして今週、参加スタートアップ「グリーンフードソリューションズ社」のプロジェクト「水耕垂直庭園」を神山の皆さまご紹介すべく、2時間のデモンストレーションイベントを企画しました。今週2/28(金)の午後、できるだけたくさんの皆さまにお時間の調整をしていただき、お集まりいただければ幸いです。

デモンストレーションでは、完全に自動化された「水耕農業システム」の一部、「水耕垂直タワー」の稼働を実際にご覧いただきます。ぜひお楽しみに!

既存の水耕農業がどのようにして自動化され、効率化され、自然とアートとが融合した神山らしい、持続性のある水耕農業の形とが創れるのか、一緒に考えていきたいと思っています。ぜひお立ち寄りいただき、ご意見をおきかせください。どのようなアイディア、アドバイス、ご意見も、大歓迎です。

日時:2月28日(金)13-15時
場所:神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
参加申し込み:不要
参加費:無料

担当:Mary (メアリー)Wetherill, CEO, Green Food Solutions
     Electra(エレクトラ)Jarvis, Farm Director, Green Food Solutions

■ S6IXプログラムについて(日本語)
■ 参加者について(英語)
■ S6IXプログラムについて(英語)

公開日:2020年2月26日

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス(KVSOC)は、「成長するオフィス」。閉鎖された元縫製工場(619平方メートル)を改修したコワーキングスペース(共同の仕事場)です。 神山町で新しいビジネスコミュニティを創造して、地域発の先進的なサービスやビジネスを生み出すことを目的としています。そのために、情報技術、デザイン、映像関連等のクリエイティブ産業の集積を図るとともに、起業家やその支援者、地域住民等との交流を通して、新たな価値の創出を目指します。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの他の記事をみる