季節限定じゃじゃ麺

アート2008年6月6日

chan

投稿者:chan

明日までなんですが。。。

去年に引き続いて、岩手からのろくさんのじゃじゃ麺屋さん、アースディの余韻にのって、神山で営業しています。

神領上角の商店街の、神山郵便局のお向かい。楽音楽日の茶店のところです。

ニンニクのきいた特製味噌が決め手 アースディのイベントのときより美味しいと思えるのはぼくの気のせい?

お値段はワンコイン、500円。

麺を食べ終わったら、器に湯がき汁を入れて味噌と溶き卵を 混ぜ入れた『チータン』というスープもおまけ?でついてきます。

タンパク質系のそば湯、というところでしょうか   麺を全部食べきらずに、少し残しておいてスープをついでもらうのが賢者の知恵というやつです

ろくさんとお連れ合いのみきちゃん、月曜日からは、埼玉のまつりのほうに向けて移動されるそうで。

どうぞ、よい旅を!

なんだかほっとする感じのおふたりです

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • 久しぶりに改善センターに出かけました。ここんとこ野暮用が重なって神領方面に足が遠のいていました。 宮城さんが出しているじゃじゃ麺の前を通りかかると、工藤さんが麺を食べているではないですか・・・。 私も食べようかと思ったのですが、お昼ご飯を食べたてだったので遠慮しました。工藤さんの面を二、三本横取りしましたが、なんかマニヤックな味・・・・。 「インかみやま」も本格的に軌道に乗り、毎日読むのが楽しみ。それにしても情報量が多いので、まだ隅々まで目を通していない。それにしても立ち上げに関わった人たちの執念が実りましたね。ご苦労様でした。

    2008年6月7日 8:39 AM | 中原トオルちゃん

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です