大きいの 小さいの

アート2008年8月26日

chan

投稿者:chan

今日は、下分アトリエに。

降り続く小雨。古い保育園跡。ぽたぽたと雨漏りの音。
やっぱり長居モードです。

今回の鳴教『神山展』のタイチョー、早渕太亮くんの展示。
 

『土の中』

下分アトリエのメインのスペース『六角の間』いっぱいに広がる作品。
ほとんど室内的ランドアート。

 

やっぱり、彼もこれだけ大きな作品は初めてだったようで。
同じように土を使った作品は過去にもあったけど、せいぜい畳み一枚の大きさだったということ。
今回は、50畳ぐらい?

そのガタイで、よくやったもんだ

やりたかったんだねぇ

やっちゃんたんだねぇ

すごいわ!

 

土ってアヤシイ。。。。。

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • わたし、この作品、好きです。

    2008年8月27日 12:26 AM | ニシムラ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です