Karaoke 鳥居

アート2017年2月3日

ニコライ

投稿者:ニコライ

「イン・神山リニュアル」後、初投稿のニコライです。
2017.1.11 「Karaoke 鳥居」の お披露目式が行われました。
作ったのは、アーティストのベノアさん。
(2013年、「神山アーティスト・イン・レジデンス」招待作家
ズスケンさんの旦那さんです。)

 

2017.1.31 徳島新聞に掲載されました。
1/11完成後,ツイッターで発信されると、リツリート(転載)などで、
2日間で10,000人を超えたと報道されています。

完成後、20日遅れの記事が徳島新聞。
おいらはもっと遅いけど、
「情報格差解消」 には良いか・・・と思って
ニュース価値は低いけど、今頃 書いております。(笑)


作品は、コンプレックスの駐車場の下の段に設置されています。
(上の写真は上段の駐車場より撮っています)
鳥居をさえぎっているのは、「桜」であります
「桜」バックの鳥居も、早く見てみたいものであります。

午後3時半から、オープニング・セレモニーでした。
左から、Kairの工藤桂子さん
アシスタントのゲリーさん
アーティストのベノアさんと、
山下実則くん
(山下くんは「音」(ラジオ、カラオケ、ブルートゥースなど)
実際の音が出るシステムを作ってくれました。
 

制作中の写真を少し。


これくらいと思っても、
なかなか大変です。


(下の写真。)
ゲリーさん。寒い中、
 渋い 良い 表情をしております。

片や、制作発表時のベノアさんであります。

余程、うれしかったのか
いささか「ハイ・テンション」であります。
(工藤さんも、観客も笑っております)(笑)
 

山下実則くんも、お披露目「カラオケ」を唄っております。

鳥居の中は、ダンクソフトの本橋くん。

ご近所の「WEEK神山 アセットオーナー」の南さんも来てくれました。
記念に1枚 パチリ。

 

えんがわオフィスの小松崎くんも来てくれまして、1枚パチリ。


徳島新聞に写っている人物像。
ベノアさんかと、思いきや、
Kair会長の杉本哲男さんです。(念の為)

最後に、グリーンバレー3名で記念写真です。


杉本哲男さんは、KAIR会長としてよく手伝ってくれました
サトーさんもよく手伝ってくれました。従業員たちが・・(←ここ重要)(笑)
工藤さんは、あれこれよく面倒を見てくれました。
(写っていませんが)コットンの森さんは
雨よけの屋根を作ってくれました。
西森組の規ちゃんは、コンクリートのかったまり(ひとつ1立法メートルはありそう)と、
ワイヤーで、しっかり作品を支えてくれました。
みなさん、「芸」をお持ちになって、すごい!

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です