楡木彩生WORKSHOPー Part 2
“紙のあかり”

アート2016年11月25日

Art in kamiyama

投稿者:Art in kamiyama

和紙を使って平面から球体からあかりを作ろう

2009年に神山町でフィンランドのアーティスト、サン二・セッポ、リトヴァ・コヴァライネンと3人で “Three trees”というプロジェクトされていた楡木さんが12月にあかりのワークショップを開催いたします。

→ Three trees
→ イン神山「Three trees」関連記事

00014276.jpg

あたたかな明りの恋しい季節がやってきました。
和紙を使ってオリジナルなあかりを作ってみませんか?
和紙に押し花、子供や自分で描いた絵、切抜き、など挟み込んで
張り合わせ、平面や立体の照明を作りましょう。
明りを灯すとあなたの想い出が浮かび上がります。

日時|2016年 12月11、18日(日曜日)
(2日間で1作品を完成させます)

時間|午後1:00~3:30
場所|下分アトリエ
(神山町下分字右山121)

参加費|4000円(月2回)
※別途材料費が必要になります。

連絡先|
・楡木 090 4784 1241
・神山アーティスト・イン・レジデンス実行委員会
(担当)工藤 088-676-1177
kudo.k@in-kamiyama.jp

申し込み締切|12月6日までにお申し込みください

☆ 出張ワークショップも随時受け付けています(日時等応相談)

楡木彩生プロフィール

1988年より美術留学のため渡英
1996年国立ベルリン芸術大学彫刻学科修士課程修了
ドイツ帰国後、佐賀町エキジビットスペース個展(東京/1997年)の際、阿波和紙を使用した事をきっかけに、1999年より拠点を徳島県に移し、国内外で活動を続けている。
2000年文化庁芸術家在外研修フィンランド派遣、2005年文化庁新進芸術家海外留学制度ブラジル、サンパウロ派遣。
→その他活動について

* 真言宗東林院(鳴門市)で子供の造形教室を開催
* 2013年アメリカロードアイランド美術大学講師、福岡教育大学非常勤講師を勤める
* 2009年フィンランドの写真家を招き、"森と木のプロジェクト"を開催
(於:神山アーティスト・イン・レジデンス実行委員会)

→ 楡木令子HP