新月の夜の小さな奇跡

なんでも2008年6月6日

仁木島 昭

投稿者:仁木島 昭

「あれ、ホタル!」
妻がぽつりとつぶやいた
「そんなはずない・・」言いかけて言葉がなくなった
・・・ふたりでただ見ていた

夜、いつも家の近くの用水沿いを妻と愛犬と歩く

この道は私が子供のころだから今から35年以上も前
青石や様々な自然石で組まれた芸術作品のような疏水だった
吉野川から分けられた豊かな清流だった
 
ある日、疏水はなぜか壊されコンクリートのただの溝になってしまった
魚は減り、ゴミは増え、何よりこの季節数千数万むせるように乱舞していた蛍たちが私の小さな里から消えていった
その時期を境に子供たちの声も減り、おとなが遠くなってしまった
ただむなしく悲しかった

・・・  そして、おとといの夜、私の里に蛍が帰ってきた
止まっていた時間が再び動き出した
まだまだ数匹と少ないが手の中にその明りを包むこともできた
そして今夜、もう近所の子供たちがはしゃいでいた
遠い昔の自分がそこにいるような気がした

嘘のような本当のお話
新月の夜の小さな奇跡
 
昨日ちょうどコットンの森さんにこの話をしたら「ホタルはなぁ、自然にはもえん(増えん)のよ
草と餌と水、でもほんまは人の生活排水が  いちばんちょうどええ蛍の餌を育てるんよな。
人がちょうどええ生活しとったらホタルも戻るしもえるわな」
人も自然なんだ、そんなことを教わった
 
※ すんまへん、「もうちょっとどなんぞ撮れなんだんかい」 
   お叱りはごもっとも今の私の腕ではこれで精一杯です

仁木島 昭

仁木島 昭

いつの間にか神山スパイラルにはまってしまい、今ではここが世界の中心と信じて疑わない神山人。 神領は上角に移住してきました。 みなさま、よろしくお願いします。 →Webソフト制作efront inc.代表

仁木島 昭の他の記事をみる

コメント一覧

  • 画像を見た瞬間、「三日月は明日のはずだし、上弦の月よりも太ってる」と戸惑いました。 ホタルだったのか・・・。ナットク! 写真にしても、ビデオにしても、ホタルは撮影が難しいらしい。(ココだけの話だが・・・(笑))放送局の人さえ、苦肉の策として、捕まえたホタルをビニール袋に入れ、それを草むらに置いて撮影することもあるらしい・・・。 タイトル写真、清涼感があってなかなかいいじゃないですか!

    2008年6月6日 09:42 | 大南 信也

  • はい、連日散歩中に挑戦しましたが、三日掛かりでこの一枚。数十枚に及ぶ残り写真は、すべて漆黒の闇でした。

    2008年6月6日 10:32 | 仁木島 昭

  • なんだか静かさが染みてくるようなすてきな記事ですねぇ どこかのロシア系ダジャレ星人に爪の垢でも煎じて静脈注射したいものです

    2008年6月6日 21:05 | chan

  • すごく しみじみ しました。 同じ様な気持ちをもってる人、いっぱい、いますよね。 今、この新しいサイトを、お友達に少しずつお知らせしてます。 こんなしみじみしたお話し、載ってたら、うれしいです。 写真、よく捕らえられましたよね、すごい。

    2008年6月6日 21:15 | koko

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください