「ある日 森で、、、」山ツアー

なんでも2013年11月27日

forest

投稿者:forest

11月23日、神山で暮らし神山に生きる人々のドキュメンタリー映画「ある日 森で、、、」

(詳しくは⇒
こちらで訪れた神山の山を訪れ、かつてここ(神山)にあった暮らし、そして、今の山を考えるツアーです。

00011526.jpg
今回、この「山ツアー」を行うきっかけになったのは、
こどもたちに川遊びを通して川と暮らしのつながりを体感する活動を行う
「川塾」の代表塩崎健太くんとの出会いでした。
「いつもたくさんの恵みを与えてくれる川。

その豊かな川は豊かな山が絶えず水を共有してくれるから成り立っている。
そんな山が今、荒廃しているという。
っと川の事を考えるために山のことを知りたい」
塩崎くんからそんな風に言ってもらったのは昨年のこと。

そんな塩崎くんの想いと、鮎喰川で遊んで育ち、その水量がどんどん減っていく様に、

山のことを知ることから始めようと神山で活動してきた橋本(地域おこし協力隊)の思いがつながり、この企画が生まれました。

「山」と「川」の想いを込めた

「山」と「川」つながり・つなげるプロジェクト 第一弾 

さて、どんな一日だったのでしょうか?
このツアー、なんと、奇跡が3つも起こりました!

〈 ひとつめ 〉
冬が近づく11月も終盤のこの日、なんと!あたたかいくらいの秋晴れ!

快晴の一日となりました!
00011527.jpg

〈 ふたつめ 〉

なんと!
今回の参加者の年齢は・・・0歳~87歳!

50代以外の全ての世代が揃うという幅広い、

いや超!幅広い年齢層の方々が参加して下さいました。

0歳の赤ちゃんを抱っこして山を歩いてくれた参加者も。
00011528.jpg

そして、実はまだお腹の中にいる赤ちゃんを抱えてのご参加も!(写真右)

00011529.jpg8ヶ月のお腹にも関わらず、スタスタ山を登る川塾のお母さんスタッフ。
さすがです。

〈 みっつめ 〉

神山の昔を知る方が相次いで参加の申し込みをしてくださいました。
00011530.jpg
小さい頃、神山で過ごされていたという倉良さん。

そして・・・


00011531.jpg
今も神山で暮らす久保さん。御年87歳。

それだけでもびっくりなのですが、なんと「山ツアー」を行った在所(地域)で、昔、暮らしていた方だとか・・・。当時の暮らしを知る方の出現に、主催者側も驚くばかり。

さて、そんな3つの奇跡を起こしながら、行われた「山ツアー」。どんなツアーだったかと申しますと・・・
とにかく歩きました~。
まずはかつての山の暮らし、そして林業が栄えていた頃のこと、今の山のことを少し・・・。
00011534.jpg
そして、歩いて
 
00011535.jpg

歩いて~

00011542.jpg

神山にかつてあった暮らし。畑跡や水汲み場の跡。00011536.jpg
そして、お節句のときにはみんなが遊山箱にお弁当をつめて集まって、お酒を飲んでいたという場所。

そして、お屋敷跡・・・

00011543.jpg

などなど・・・。

幅広い年齢層と、「山」のことを知りたいと集まってくださったみなさん。

若い参加者のみなさんが、先輩方のお話を聞く場面がいろんなところで見られました。

今回、山の師匠として来てくださった東谷さんと…00011537.jpg

小さい頃、神山で育った倉良さんと…

00011538.jpg

そして、もともとこの在所で育ったという久保さんと…

00011539.jpg

私自身も「ある日、森で、、、」の活動を通して、

神山に暮らす方々からたくさんのお話を聞かせていただき、

多くのことを学んできました。

このツアーの中でも、そんな風な出会いがあったらいいなぁと

思っていたのですが・・・。

嬉しい嬉しい一日となりました。
かつて山にあった暮らしを通して、今を見つめ、そして今の山の現状を知る「山ツアー」第一回目。

無事に終了!

00011540.jpg
また、ぜひ、こんな機会をつくれたらいいなぁと思っています。
・・・そして、

嬉しかったことがもうひとつ。

西尾さんのご近所に暮らしている久保さんから、差し入れを頂きました。

00011544.jpg

さつまいもとヨモギで作ったお団子です。

久保さんは、東谷さんの同級生なんだそうです。

東谷さんから「23日に行くけんな」と電話をもらったのですが、

その日はお仕事だったので、その代わりにとみんなにお団子を作って下さいました。

神山にいると、自分の身近なところでこうしたことがたくさん起こります。
その度に、あたたかい気持ちになり、またいつかこんな気持ちを誰かに手渡していけたらいいなぁと思います。
参加者のみなさん、ツアーの時にはお会いできませんでしたが、この方がお団子を作って下さった久保さんです。

もちろん右側ではありません(笑)
00011546.jpg
翌日、久保さんのところにお礼に伺ったのですが、またまた畑でつくったお野菜などをたくさん頂いて帰ることに・・・。

久保さん、本当にありがとうございました。

今回、この企画を行うにあたり、多くの方からのご協力を頂きました。準備の段階からずっと一緒に山を回って下さった西尾さん00011541.jpg

この企画ができるようにと動いて下さって、当日も目一杯サポートして下さった鳥庭さん、
そして参加者だったにも関わらず準備を共にしてくれたちなみちゃん、
参加して下さった全てのみなさま、本当にありがとうございました。

神山町地域おこし協力隊
橋本泰子
forest

forest

「森」と「暮らし」をテーマに行っているプロジェクト。 ①「森と共に生きる暮らし探訪キャラバン」(NPO法人グリーンバレー企画)は、日本各地に残る「森と暮らしの関係」を長岡マイルが映像化するプロジェクト(2012~2014) ②「ある日森で…」は、神山の小さな地域で行っている「森と暮らしの関係」を神山で暮らし神山に生きる人々から聞き、実際の森づくり活動につなげていく小さな小さなプロジェクト。(2012年~)

forestの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください