美味しいもの食べるためにはがんばります

なんでも2008年7月2日

chan

投稿者:chan

このところ、ぼくは畑づいている。
ついこのあいだまで、カーチャンがしこしことやっていたミニ菜園にはノータッチだったのが、この春になってなぜか乱入するようになって、

トマトって毛むくじゃらなやつなんだ!

じーっと見ていたり、パリポリ食べていたり、ぶちぶち引き抜いていたり、棟上げでもするような気迫を持ってトマトの支柱を立てていたりする。

歳?

赤紫蘇はダースベーダーみたいだ

こういう田舎に暮らしていると、野菜はご近所からどかっと −ときには白旗を振りたくなるほどに− もらえるので、畑なんてせんでもええと思っていた。でも『そうぢゃない』って気がついたのだ。やや遅まきながら。

三つ葉は、みつみつしい。。。。

やっぱり、自分の住む土地で、自分で育てる野菜というのは、スペシャルだ。
鮮度、味、思い入れ。いずれもぐっと濃い。
食べたい!と思ったときにもいできて食べるキュウリの炸裂は、グルメガイド情報を吹き飛ばすような勢いに満ちている。
畑のなかで思わず座り込んで頬張るプチトマトの饒舌は、いつまでも聴いていたいと思わせる優しさもあわせもっている。

オクラもがんばって、早くねばねばしておくれ

って、ちょっと大げさに書いたけど、まあ、素直に美味しい!のだ。元気になれるような気もする。

畑のなかにいるのは、なんだか妙に楽しい。

これがほんとにキュウリになるのかねぇ。。。

芽生えがあって、成長があって、実りがあって、そのあいだにいろんなドラマがあって、、、
飽きない。ヤブ蚊さえいなけりゃ、半日でも畑のなかを這い回っているかもしれない。
で、ずっとなんか食べているかもしれない。
あれ、それって、なんかガイチューってやつにかなり近い。。。?

おっしゃ、あともうちょっとだ!

まわりでも同じようなことが起こっているようで、
−いや、ガイチュー化した人が増えているということではなくて−
前から半自給自足生活をしていたのが、さらに畑を広げてパワーアップしたというひともいるし、いままで畑無しだった人が突然畑有りの人に転換してしまったという話もあちこちで聞く。

長らくお世話になったサニーレタスも花が咲き始めた 種をいただこうかな

やっぱり、『そろそろ食べものが無くなる日が近づいている』という集合意識の現象化か!?!?という切ない読みもあるけれど、美味しい食べものをつくる人が増えるというのは、きっといいことなのだろうと思う。
いろんな人がそれぞれのやり方で、日々の糧を手作りして、味わって楽しんでいる、というのは、健全なコミュニティーのひとつの姿じゃなかろうか。

畑の防衛隊長、クモさんにもがんばっていただきたい

ぼくもガイチュー系で、自分なりの野菜作りを極めていきたいと思っている。

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • おお、チャンさん。いい感じの菜園じゃないですか。トオルちゃんもガーデニングと自家菜園は大好き。私は夏場はとても早起きで、まず犬の散歩。それが終わると菜園を見回る。 朝露に濡れたキュウリやトマトたちと対話を楽しみます。花や野菜は手間をかけるほど、それに応えてくれる。 チャンさんは野菜の苗を買ってくるの?それとも種をまいて育てるの?赤や青の紫蘇はどこかで苗をもらってきてもいいですよね。この時期田舎ではどこででもゲットできるし。 チャンさんのオクラの写真、苗が一本立ちのように見えるのだけど、オクラの苗を植えるコツは四五本まとめて植えること。園芸屋さんで売っているのは、小さなポットに五六本まとまって生えていますよね。それをばらさずにそのまま植えること。 そうすると生長しても互いに競り合っていいサイズのオクラが収穫できます。一本ずつにするとオクラが巨大化してすぐ硬くなる。もう一つ収穫のコツは、オクラを採るとすく下の葉を落としてやる。そうすると上に上に伸びて長い期間収穫が楽しめます。 はーーい、本日のミニ園芸講義終わり・・・・。

    2008年7月3日 06:52 | 中原トオルちゃん

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください