9/30「楽音楽日 秋の音楽祭」第2弾‼︎

なんでも2014年9月29日

楽音楽日

投稿者:楽音楽日

「楽音楽日 秋の音楽祭」第2弾‼︎

☆日時
2014年9月30日(火曜日)
pm6:30〜open
pm7:30〜start

☆参加費
2000縁(釜戸炊き玄米ご飯プレート付き)

☆場所
楽音楽日
(徳島県名西郡神山町神領)

☆お問い合わせ&予約
楽音楽日/090-3989-8743
rakuonrakujitsu@gmail.com

〈Space土chant〉
木村優斗(パーカッション、ボーカル)とヤーマンシンゴ(ギター、ボーカル)から生まれたトライバルユニット。
Space-宇宙、土-地球、chant-祈り、アフロ、レゲエ、民謡、ポリフォニーなど土着でグルービーなリズムで祈りの詩を唄う。
2011年1月より、masatoshingoで活動をはじめ、全国でライブを重ねる。
2012夏、Space土Chantに改名
2013年9月からファーストアルバム「Space土Chant」を絶賛発売中。

〈木村優斗〉
幼少の頃からお盆に行われる盆踊り(江州音頭)で歌ったり踊ったりすることの喜びを知る。
小学校に入ると近所に住んでいた高校生のお兄さんに影響を受け洋楽とドラムスに興味を持つ。
1984年大学時代に知ったJAZZを探究するためニューヨークへ渡米、そこでフリージャズやワールドミュージックの世界で歴史的に有名なトランペッターのドン・チェリーと出会い共同生活をするうちにパーカッションや民族楽器に興味を持ち演奏し始める、その後キューバ音楽との出会いでルンバやバタ(ナイジェリア起源の儀式用太鼓)にも精通する。
2000年に帰国後アフリカンパーカッションユニットN’DANAを結成。
2012年 ヤーマンシンゴと前年に作ったMASATO – SHINGOを土着でグルービーな宇宙への祈りを歌った Space 土 Chant に改名 全国で活動中。
その他 いろいろな国内外のミュージシャンと共演、海外公演も多数。

〈ヤーマンシンゴ〉
北海道生まれ、子供の頃より野山を駆け巡り、裸で川に、素手で魚捕り、焚き火、自然の中で遊ぶことが好きだった、子供時代のあだ名は原始人。
中学生の頃にはオリジナルソングを創り、ギターを手に歌っていた。
社会で働きはじめるも、心の故郷を求め、山奥にテントをはり、そこでの生活を2年間続けた後、自然に還る事が今この時代に必要な事だと想うようになる。
結婚後は北海道の北、和寒に移住し、2人の子供を家族のみの自宅出産で取り上げ、薪を割り、畑耕し、農的暮らしを楽しんでいる。
暮らしの中から生まれたストレートな詩をレゲエ、アフロビートのグルーブに乗せて歌うスタイルは独自の世界を醸し出している。

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください