アーカイブ「雨乞いの滝」2014年7月

なんでも2016年7月29日

ニコライ

投稿者:ニコライ

2年前(2014年)7月のこと。
オニヴァの斉藤郁子 さんが、雨乞いの滝に行くというので、
鳥取県鹿野町と、尾道空家再生プロジェクトのみなさんと
ついてゆきました。
以下「記録編」。

00013848.jpg

斉藤さんが、「滝の裏ルート」を開拓したことの話と注意事項の説明

00013847.jpg

いざ出発!
滝まで、徒歩、約20分。

00013846.jpg

到着!
00013845.jpg

休憩後、まず、上段の滝つぼまで、登り開始。
はだしです。
00013844.jpg

赤い服が斉藤さん。
これから、「斉藤郁子」女史と呼ばせて頂きます(笑)
00013843.jpg

先導しております。

00013842.jpg

どんどん、上へ

00013841.jpg

下の写真
ちょうど真ん中、やや左のオレンジ色のシャツが
かすかに見えておりますが、
これが「斉藤郁子」女史。

00013840.jpg

余裕です。

00013839.jpg

下を見ると、こんな具合。

00013838.jpg

人が小さく見えます。
いよいよ滝の裏へ。

00013835.jpg

おおっ!

00013834.jpg

下を眺めます。
人がまた小さくなりました。

00013833.jpg

この連中、余裕です。

00013832.jpg

アップにします。

00013831.jpg

命(いのち)知らずの連中です。

00013830.jpg

滝の上方には、不動明王みたいな石像が安置されていました。

00013829.jpg

降りるのも一苦労です。

00013828.jpg

角度90度。
00013827.jpg

角度45度を乗り越え・・
00013826.jpg


無事到着。
00013825.jpg

やれやれ。

滝の裏に「伝い歩き」が出来ない箇所が1つあり。
(60cm~70cmを飛び越えねばならない)

下から、見て、行くかどうかは15秒以内で決断。
5秒で眺め、5秒で、最後まで行けるか考え、
5秒で、揺れ動く 自分を判断、

決断に20秒以上かかるなら、行かない方がよい。
もちろん自己責任、保険なし。

おいら、2年前はおそるおそる行ったけど、
もう行かない
(体力的にもう行けない)(笑)

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください