哲学カフェ in Kamiyama vol.6のお知らせ

なんでも2021年2月13日

hiroyo

投稿者:hiroyo

みなさんこんにちは。
2021年最初の哲学カフェのご案内です。

昨年7月に始めた哲学カフェも今回で6回目となります。
毎回来てくださる常連の方も、初めましての方もおられるのに、
毎回いい感じに10名弱に収まって、常連の方も初めての方も、
同じように真剣に、気楽に話に参加してくださっています。
1時間だと時間が足りないなあと思う会ばかり。
 

第6回目もいつもと変わらず改善センターにて行います。

こんなご時世なので、どうぞマスクの着用と
入り口での消毒等、ご配慮をよろしくお願いします。
哲学カフェで使用する教室は十分広く、席も遠く離れるように
設置されているので安心してご参加ください。

哲学カフェのテーマはいつも同様集まった人たちで決めましょう。
こんなこと話したい、というのがあったらぜひ提案してください。

予約や申し込みは不要ですので、思い立ったらお越しください。

日時:2021年2月21日(日)13:30〜14:30
場所:農村環境改善センター2階郷土資料室
(階段を上がってすぐ左の部屋です)
予約、申込み:不要、直接会場にお越しください
参加費:無料

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
以下、「哲学カフェって何?」という方のために簡単なご紹介を再掲しておきます。


「哲学」と書かれているとそれだけで自分とは関係ない!、と思ってしまう方もおられるかもしれませんが難しく考えなくても大丈夫。フランスのある哲学者は「哲学とは驚き、問いを立て、それについて考えること。もっとも驚きに満ちているのは子供で、子供はみんな哲学者です。」と話しています。

—– 哲学カフェって何?

「街中のカフェなど誰もが自由に出入りできる場所で、飲み物を片手に参加者同士で特定のテーマについて話し合う営み」です。(※原則、哲学カフェ開催時の改善センターでは、豆ちよさんが淹れてくれるコーヒーやその他ドリンク類、その日のおやつが販売されています。)

—– 何をするの?

1992年にパリで始まった哲学カフェは今では世界中に広まっているそうですが、内容は会場によってそれぞれ。この哲学カフェin Kamiyamaでは、その日たまたま関心を持って集まってくれた人たち全員で、生きていく中でふと思うことに意識を傾けたり、意味を考えたり、疑問に思っていることを話したり、その考えをシェアしあっていく時間をつくっていけたらと思っています。

hiroyo

hiroyo

田畑や料理をしています。 それぞれの人が本当に大切に想うことをきちんと大切にできる毎日が理想で、繋がりや循環が自分の中のキーワード。

hiroyoの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

なんでも最新日記

神山日記帳2021年03月02日

神通蝋梅園と民宿堂治

神山日記帳2021年03月01日

2/27(土) アドプトしました。

“なんでも”一覧をみる