さくらさくら

なんでも2008年4月16日

chan

投稿者:chan

神山の桜ももう終わり
ぼんやりしていたら、お菓子用の桜の花を摘み忘れていたので、あわてて裏のお山をひとまわり。
花の塩漬けを作るのには、咲く前のつぼみの状態がよろしくて、まだ、咲き栄えぬ乙女たちを摘み取るのはこころが痛んだけど、どうぞ美味しくこころ和らげるスィートになってくださいと、集まっていただきました。

 

 

 

 

あなたに捧げたい
春がさくらに捧げるものを

 

ネルーダ

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • 横長の写真の感じをつかみたくて、ちょっと遊んでみました。 さくらさんの肖像権に支障があるといけないので、近日中に撤去しますですw。

    2008年4月16日 22:27 | chan

  • 花を愛でたり、人をおちょくったりですか・・・。 でも、まあ、このさくらはさくらで、きれいなので、残置を赦しましょう・・・(笑)。

    2008年4月16日 23:01 | 大南信也

  • こんな写真も載せられるんですね。面白い。 裏のお山、といっても、あっちが表かもしれませんが、桜の森には、ソメイヨシノとは違う、様々な桜が植えてあって、今年くらいから咲き出したくらいの若い樹も。 中には、緑の花を咲かせているのもあって、年々、華やかになってゆくのが楽しみです。 「ここの山だけで桜とアートと神社、それにグリーンバレーの森づくりで立派に観光名所になるよねぇ」と朝の日課の散歩を楽しみました。

    2008年4月16日 23:06 | koko

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください