歯科衛生士募集/「週4日」の働き方ができる歯医者さん COCO歯科

募集中2021年10月20日

「神山で働く」編集部

投稿者:「神山で働く」編集部

町の人にとってはお馴染み、山の上の歯医者さん[COCO歯科]で一緒に働く[歯科衛生士]さんの募集です。

歯科衛生士さんは、歯科予防処置・保健指導・診療補助など、多岐にわたる歯科医療業務を行う専門職。 歯や歯肉の状態の点検や、機械を使って歯石を取ったりむし歯予防のために歯に薬を塗ったりすることが主な業務です。

「COCO歯科ってどんなところ?」については、COCO歯科の院長である手島恭子さん

(COCO先生)のインタビューをこちらでご堪能いただきつつ、今回は、COCO歯科で働く歯科衛生士のおふたり、「はっしー」そして「ひろこさん」にインタビューしてみました。まずはおふたりのご紹介を。

はっしー 
COCO歯科で働いて8年。お家でたくさんの猫とともに暮らしているそうです。OLになりたかったそうですが、「手に職をもて」というご両親の言葉から、国家資格である歯科衛生士の資格を取得。市内の歯科で働いた後、COCO歯科で働くようになったそうです。

ひろこさん 
COCO歯科で働いて4年。「学校給食と子供の健康を考える会」代表などを務める幕内秀夫さんの講演会を聞きに行った際に、COCO先生が執筆している記事に出会い、治療に訪れたのがきっかけでCOCO歯科で働き始めたそうです。写真右がひろこさん。

(写真中央:COCO先生/院長 右:ひろこさん/歯科衛生士 左:ちまきさん/受付 
はっしーは写真はNGでした(笑))


―COCO歯科で働いてみて、どうですか?-

はっしー:自分にとって働きやすい環境でした。週4日勤務なので休みが多い!8年続けてこれた大きな理由かもしれないですね。それに先生が優しいし、大事にしてくれます。

ひろこさん:結構、衛生士に仕事を任せてくれる職場だと感じています。自信のないときは先生に頼みつつですが、いい緊張感をもって働くことができています。あと、COCO歯科の中の空間が持つ雰囲気がとても良いので、一度来てみてほしいですね。

COCO歯科の待合室。窓の外には大きな桜の木があり、その向こうにも山が見える景色が広がっています。


―仕事の「やりがい」や「楽しさ」はどんなところにありますか?また「大変だな」と思うことは?-

ひろこさん:「やりがい」は、治療に来てくれて2回目以降、患者さんと会った時に前回の治療の際のアドバイスを覚えてくれていたりとか、「家でこんなことやったよ」と言ってくれることですね。またそれによってお口の中の環境が改善していると、なお嬉しいですね。ここに来られる患者さんは気さくな方が多いので、壁を感じない方が多い。地域性のようなものはあると思います。一方で「大変だな」と思うことは、衛生士が担う業務として「ここまで」というのがそれぞれの歯医者の中で違っていることがあって、これまで経験したことがなかったことをするのは、結構大変でした。

はっしー:「大変だな」と思うことは、患者さんの考え方に応じて、治療内容を受け入れやすいように説明する工夫と、患者さんの心の内にもっておられる思いに寄り添った提案をするのが難しく感じることがあります。一方で「楽しいな」と思えることは、ここには、たくさんの子どもたちがきます。たくさんのこどもたちと出会うことができて、そのこどもたちが成長していく過程が見える。小学生だった子が、高校生や大学生になっていくのを見ていると「みんな大きくなったなぁ」と感動します。ここだけの話、小学生の子が「壁に落書きしてきた」とかもこっそり教えてくれたこともあるんですよ(笑)。それから、高齢者のみなさんがとにかく優しいんです。「あれ食べるか」「これ食べるか」とわざわざCOCO歯科に持ってきてくれます。地域性があるのかも。患者さんとの密着度が近いのが楽しいです。
 

―どんな人と働きたいですか?―

はっしー:いま、常勤が私しかいないので、できれば常勤の人に来てもらいたい!!ですね(切実!)。それと猫アレルギーの人はダメかも。私が猫をたくさん飼っているので(苦笑)。

ひろこさん:若い人から年上の人まで、いろんな世代の人が職場にいるのが理想ですね。明るい人に来てもらいたいです。


「どんな人と働きたいか」この質問は、受付を担当している、ちまきさんにも聞いてみました。

ちまきさんは、県外から神山町に移住。ここで暮らすなら、町内で働きたいと思い、仕事を探していたところ、COCO歯科と出会ったそうです。COCO歯科での勤務は1年半が経過。ちまきさんの「いま」は、

「職場が楽しいんです。職場を通じて地域の人と知り合えるし。道の駅やスーパーかたやまで売られている野菜の生産者さんとして、患者さんの名前を見つけられるのも嬉しい(笑)」。その他にもこの町で暮らしながら感じたことをたくさん話してくれました。「この場所で出会う人々の幅広い多様性に驚くこともあるけど、自分もひとりの人として尊重してもらえる空気を感じている」こと、そして「いつでもどこでも働ける仕事をしたいと思ったことをきかっけに神山と出会ったけれど、本当は自分の居場所がほしかったのかな?」とも。


―自分の居場所と感じられ、「楽しい」と思えている職場COCO歯科で、一緒に働くとしたらどんな人に来てもらいたいですか?―

ちまきさん:仲良くできる人!協力し合える人がいいなと思いました。なぜなら、患者さんのことを一番に考えて動かなければいけないときに、お互いに何をしなければいけないかっていうのが見えている。そういう人とは仲良くなれそうだな、と。一緒に働いている塩田ルカさん(衛生担当)にも聞いてみたんです。ルカさんは、「患者さんのことを考えられる人」でした。

―では、COCO先生は?―

COCO先生:本当の意味で自分のことを大切にできる人。仕事を通して楽しんでみようと思う人。そして、長く来てくれる人に来てほしいな。

まずは一日体験か半日体験に来てもらえたら。ちまきさんも一日体験をしてから、働いてもらったんですよね。やっぱりお互いに相性は大事。

経験者が来てくれると嬉しいけど、未経験者でも3か月間のインターン(トレーニング期間)を設けて働いてもらっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お口の健康はもちろん、「食」についても大切にしながら、週に4日という勤務体制での働き方。一度、ここで働くスタッフのみなさんとの時間はもちろん、COCO歯科の空間そのものを体験しに来ませんか?
 

========================================
【募集詳細】

■募集職種
 ・歯科衛生士

■雇用形態
 ・正社員 もしくは パートタイム

■勤務時間・日時
 〇週4日:火・水・金・土曜 9:00~19:00(12:20〜14:20は昼休み)
 〇月の平均勤務日数 16日

■休日・休暇
 〇月、木、日曜  休み(月に一度、木〜月の5連休あり)
 〇お盆、年末年始は、基本的に休み
 〇2週間程度の長期休暇あり(時期未定):長期休暇中、常勤職員には基本給支給

■給与
 ①基本給 153,600円〜179,200円
 ②月給115,000~161,000円  時給1,000~1,400円 昇給有

■仕事内容
・歯科衛生士業務全般、院内清掃、受付業務。本院のチームの一員として、予防を重視した歯科業務を行い、口腔衛生指導や食事指導を行っていただきたいと思います。食育についての知識を深め、健康維持のための情報を患者さんと共有することができるようになります。

■勤務場所
 徳島県名西郡神山町神領字西大久保60
 (徳島県文化の森総合公園から車で約30分)

■代表者からのメッセージ
 「患者さんの人生に寄り添い、口の中の健康を改善、維持、継続するお手伝いをする。」ことを理念としています。チームワークよく自分を役に立たせ、お互いに働きやすい環境を整えることを大切にする仲間を募集しています。

■HP
 http://cocoshika.jp/

■応募
 COCO歯科 担当:手島 恭子

=======================================

〈追伸〉

―COCO歯科ってどんなところにあるの?-

神山町で言えば中心部となる神領地区にある大粟山という山の中腹にあります。とは言え、[道の駅 温泉の里神山] から車で5分程のところ。
温泉の西側を通り、神山BEERやコットンフィールドキャンプ場を通りすぎ、こんな感じの山道を少しだけ上っていくと、

COCO歯科があります。

かつてここは地元の農家さんの土地だったこともあり、COCO歯科の裏山には当時植えられた栗の木がたくさんっ!秋になると近しい人の手元に立派な栗が届けられたりもしていますよ。
 

「神山で働く」編集部

「神山で働く」編集部

一般社団法人神山つなぐ公社 しごとづくりチームが運営しています。 神山で働きたい方に、地域の中で働くことについての情報をお届けします。

「神山で働く」編集部の他の記事をみる