リズム・ユニバーサル 「ファンドレージング・ワークショップ」 in北島町

アート2011年5月7日

神山農響楽団

投稿者:神山農響楽団

– こころのリズムでつながろう –

2011年3月11日に東日本大震災で被災した子どもたちの心のケアを目的としたプロジェクト。(→リズム・ユニバーサル -Rhythm Universal- について)

徳島にて開催決定!参加者募集中!

【日時】5月22日(日)
10:30~12:00(開場 10:00~ )
【対象】中学生以上
【定員】40名
【場所】北島町民体育センター
徳島県板野郡北島町中村字中内11-1
【参加費】2,000円
ワークショップでの収益は、被災地で子どもたちに向けて実施されるワークショップの活動や義援金にあてられます。

※要予約
【ご予約・お問い合わせ】
088-676-1177
info.gvi@in-kamiyama.jp
→お問い合わせフォーム
※メールにてご予約の場合は、お名前、ご連絡先をご記入ください。

+ + + + + + +
2011年3月11日に東日本大震災で被災した子どもたちの心のケアを目的とした、リック・ウィレット氏によるボディ・パーカッションのワークショップを7月より被災地数カ所で開催する予定です。
今回、被災地でのワークショップ開催前に、関西、関東などでプレ・ワークショプを開催し、義援金を募り、日本全国の人々の思いだけでなく、各地の人々が体験した感動も一緒に東北地方へつないでいきます。また、東北でのワークショップで使用するバスケットボールは、ニューヨークをはじめ、世界各国から集められた寄付により購入され、ワークショップ開催各地へ寄付されます。それにより、 ワークショップが終わった後も、子どもたちだけで楽しんでいただけることを願っています。

このワークショプは、世界的に高い評価を受けるボディ・パーカッション集団STOMP(ストンプ)に約10年間所属し、ニューヨーク、ロンドンなど各国で 実績のあるRick Willett(NPO Rhythm Relief)により実施されます。彼が生み出したRhythm Relief ワークショップは、新しい生活に適応していかなければならない段階にいる子どもたちに、楽しさだけでなく、協調的で、芸術性のあるものを、共有していけるように デザインされています。身体性や協調性を重視した動きの中に子どもたちは次第に引き込まれてゆき、皆で一緒に新しい音の作品を創り上げていく、この創造的な体験を通して、子どもたちが新たな生活を 再構築していく過程で、何かしらの可能性を見いだしてもらえることを望んでいます。

神山農響楽団

神山農響楽団

5月から一ヶ月間、神山町で阿波踊りとストンプを融合した、新しいダンスパフォーマンス作品を制作します。今回、リックから町民のみなさまへのご挨拶の意味も込めて、楽しいワークショップをお届けします。現在、本作品への出演者の方も募集しています! どうぞ、お気軽にお問い合わせください!

神山農響楽団の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です