「The Illuminated Forest」(延期)

アート2008年7月8日

Art in kamiyama

投稿者:Art in kamiyama

シャーロット・マックゴーワン・グリフィン
7月8日より来町予定だったシャーロットさんですが、急遽予定が変更となり神山町への来町が来年度へと延期されました。
助成金等予算の関係、9月より青森でのレジデンスが決定したこと、神山町へLEDを使った作品「The Illuminated Forest」を設置するにあたり、よりベストな状態で制作、設置できるよう、イギリスのデザイナーと共に制作プランを見直すことを考えているとのこと。彼女自身、またグリーンバレー・KAIRスタッフ一同、彼女の来町を楽しみにしていただけに残念ですが、来年を楽しみに待ちましょう!

7月8日より「切り絵のシャーロット:2004年招聘作家のシャーロット・マックゴーワン・グリフィン」が作品制作のため約2ヶ月ほど来町します。さて、9月には神山町のどこかにどんな作品ができているのか楽しみです。

「思えばかなうのが神山」
2007/05/22 (大南信也)

神山アーティスト・イン・レジデンスには、二人のイギリスのシャーロットがいます。切り絵のシャーロット・マクゴーワン・グリフィン(KAIR2004、通称:シャーロット1号)と、シャーロット・ブリスランド(KAIR2005、通称:シャーロット2号)です・・・・(笑)。で、この程、シャーロット1号からメールとともに、LEDを使った作品「The Illuminated Forest」の画像が送られてきました。

「Why・・・・?」

「Because,画像にあるようなLEDを使った作品を神山で作りたいと思っているようなのです・・・・。」

Charlotte McGowan-Griffin “Illuminated Forest” 2007

以下、要約をお読みください。

神山で、小さな「Art Light Festival」が開催できたら、と考えています。毎年、または2年に1回の割合で、日本人アーティスト、外国人アーティストを招待し、神山の森をベースに期間限定でイルミネーション等、ライトを使った作品を展示してもらうのです。

このようなアイデアが浮かんだのにはいくつか理由があります。まず、神山にはKAIRがあり、この新しいプロジェクトによって 展示スペース、資金源、アートの基盤など今まで以上のネットワークを築くことができると思います。また、神山にはアートに関する強い関心、美しい自然、広いスペースがあるというのも理由のひとつです。さらに、これによってグリーンバレーにとっても神山アートウォークのプロジェクトを維持、保護するためのしっかりとした目的、活動意識を持つこともできるかと思います。

まずは、4,5人の多様かつ個性的なヴィジョンを持ったアーティストによる小さなフェスティバルからのスタートをしてみてはいかがでしょうか?将来的にはより多くの資金集めができるように、そして回数を重ねるごとに少しずつ規模を大きくしていけるといいかと思います。また、アーティストにも個々の作品にLEDを使用してもらうことにより、徳島の関連企業からの投資も依頼できないかと思っているのですが・・・・。

それにしても、美しい!今回も乗せられて、走り出してしまうかも知れません・・・・(笑)

コメント一覧

  • 残念。 でも、満を持して神山での制作に挑まれること、期待しています。

    2008年7月7日 1:21 PM | ニシムラ

  • すぐそこまで来ていただけに少し残念・・・。 でも、青森の招聘作家にも選ばれたようだし、未来を見つめましょう!

    2008年7月8日 9:19 AM | 大南 信也

  • インターンで神山に行きます。 会えることを楽しみにしていたのでとても残念!

    2008年7月15日 7:32 PM | 田中美貴

  • 田中さん、いらっしゃい! シャーロットの来日は一年延期になりましたが、(インターンシップ期間中には) リズ・ロス(米国・2003)もやってきているので、いろんなことが学べると思います。

    2008年7月17日 10:40 AM | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です