素敵な古書店

なんでも2011年11月20日

神山塾2期生

投稿者:神山塾2期生

寒さが増すにつれ、星々のきらめきがまばゆくて
毎夜、夜空を見上げているため、一向に風邪の治る気配がない
神山塾生の渋沢清夏です。

一年前から神山に住んでいる、活動写真家である長岡マイルさんが
神山塾の講師として授業をしてくださいました。
長岡さんがやられている「miruプロジェクト」
「1分、1カット、無音」で
自分の原風景や好きなもの、なぜか気になるアイテムなどを
それぞれが映像で撮影するというもの。

どんな話の流れだったのかは
つい最近のことなのに失念をしてしまっているという
頭のぼんやり具合に拍車がかかりっぱなし!なのですが
高松市に面白い古書店があるということを
長岡さんに教えていただきました。

「なタ書」

古書店の名前です。

ちっとも意味がわからず、しかも完全予約制。
尻ごみをしましたが、「行きたい・気になる」気持ちが
比べるまでもなく勝り、先日遊びに行ってきました★

神山から山を越え越え、たどり着いた高松市は
「都会!!!」

ビルがたくさん建ってる!
整備された街路樹!!
颯爽としたヒール捌きの女の人!!!

一人車内で高松に興奮・圧倒されつつ到着したそのお店は
ナビがなければ辿り着くことができなかったに違いありません。
以前は古着屋さんが倉庫に使用していたという
2階建ての建物は、ひっそりと町中に佇んでおりました。

ギギギっと、恐る恐るドアを押しあけ
靴を脱ぎ、薄暗い階段を登ると

00008801.jpg

オレンジ色のほんわりとした照明が灯るふんわりとした室内。
脈絡なく散りばめられた本・本・本。
綺麗に書棚に収められているのではなく
てんでばらばら・あちらこちらに鎮座している本たち。
かしこまっていないそれらには、赤や青のボールペンで
線が引かれていたり走り書きがしてあったり。
ソファに腰掛けて、ずっとこの本たちに囲まれて
居ついてしまいたくなってしまうほどの心地よさ。

ここの店主の「キキさん」がまた妙な魅力の持ち主。

少しトーン高めの声音と独特の喋り口調で

「今日、車で神山から来たの?だったら一緒に神山行こうかな。」

とさらりと言うのです。

あっという間に、全く初対面の人3人を
車に乗せて神山に行くことに・・・。

このゆるり・さらり加減
いいですね。

雨の中道路をひた走り、神山に到着したのは
0時を回っていました。

翌日、3人を迎えに行くと
キキさんが朝から川に入ってきたとの情報が。
ちなみにその日も雨でした。
結構冷たい雨が降っておりました。

「川、好きだからさあ。」

いくら川好きとはいえ、雨が降る中
早朝11月の川の中で川遊びをするなんて。

うだうだゆるゆる話をしているところに
神山塾生のかずちゃんが遊びにやってきました。
かずちゃんも加わりみんなで仲良く話をしていたら
キキさんが急に

「うちでトークイベントやらない?」と。

抜かりのないお方です。

00008800.jpg

やおらバックの中から手帳を取り出して
ペンを走らせ、かずちゃんに聞き込み調査。

あっという間に「なタ書」で12月23日に
トークイベントをすることになりました。
わたしもおまけでいるので
よかったら遊びにきてくださいませ。

00008803.jpg

「やりたいな、したいな、こんなことしたいな」

ということがあっても
今まではできない理由を並びたてていました。

しかし、神山にきてからは

「どうやったら実現可能か」

という思考回路に自然になりました。

「やったらええんちゃうん」

はグリーンバレーの理事長、大南さんの口癖ですが

何かしたいことがあるのなら全面的にできるサポートはしてくれる地
それが神山です。

「何があなたは好きなの?」
「何をしたいの?」

神山塾では常にそれを問いかけられ続けます。
しかもそこで終わりではなく

「じゃあ、それをするためには今なにができる?」

が続けてきます。

今までは「何かの」「誰かの」せいにできていたことが
ここでは通用しません。
なぜなら、地元の方々がわたしたちのしたいことを
全力でサポートしてくれるから。

「やりたい・したいこと」
をごくごく自然に何のてらいもなく体現しているキキさん。
実際にそれを目の当たりにできた貴重な二日間でした。

本屋といえば、徳島にも素敵な古書店「古書ドリス」という
お店がありますよ★

神山塾2期生

神山塾2期生

職業訓練講座・神山塾の2期生です。 北海道から沖縄まで、日本全国から神山へ集ったメンバーが地域の人たちの活動に参加させていただきながら、各々のくらし方働き方を半年間見つめ、探求します。 みんな個性的なのにまろやかな15姫2太郎で構成。

神山塾2期生の他の記事をみる

コメント一覧

  • 「なタ書」のお二人には何度か会合で一緒になったことがあります。不思議な魅力を感じました。一度お店を訪ねたいと思います。 それにしても、「何かしたいことがあるのなら全面的にできるサポートはしてくれる地 それが神山です。」なんてことを聞きますと、動かざるを得ないじゃないですか、神山のオジサンたちは!(笑)

    2011年11月21日 13:50 | 大南 信也

  • キキさん! おひさしぶり。 私が勝手になづけた「地域ネコさん」の代表格です。 いろいろな地域への取材で発見した「人種」です。 肩書きのない、何で食べているのかわからない、なんだか地域のみんながお世話している人、だけどその人がいることで地域のネットワークができ、広がっていく。 高松では、キキさん。 長野の上田市にもいます。 神山では、もしかしたらchanさんだったのかもしれない(私はお会いできていないのですが)。

    2011年11月25日 20:37 | 山下里加

  • 神山塾も残りわずかとなってきていますので、その言葉に塾生一同飛びつかせていただきます(笑)

    2011年11月27日 19:45 | 神山塾2期生

  • chanさんは、よくブログ書いてくれていました。 「考えていたこと」も広くて、高かったです

    2011年11月30日 23:57 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください