木屋平 三木家住宅 探訪

なんでも2011年12月19日

ニコライ

投稿者:ニコライ

 12/14 桜の記念植樹後、川井トンネルを抜けて、「白神社」の近くにある
食堂「あら川」さんで、ラーメンを食べ、腹ごしらえしました。
(ここのラーメンは徳島ラーメンほど、濃くなく、美味しかったです。おすすめ!
味は、しいていえば、日清の即席ラーメン”すきやねん”みたいな感じのしょうゆ味)
(即席ラーメンの味に例えて申し訳ない。)

00008965.jpg

食事中、神山塾生の「マリリン」と「古川さん」が、木屋平まできたのだから、
「木屋平 三木家住宅」を 見たい!・・・と言い出しました。
東谷師匠に
”ししょう~ん!連れていって~ん”
と甘い声で言っております。
男はいくつになっても、弱いもの。(笑)
師匠、その気になりまして、行くことになりました。

00008964.jpg

”なぁ~に 直線距離にしたら1kmくらいだよ。” と師匠。

これがまちがい。
山から山へ、(空中距離だと)1km。
しかし、空飛ぶわけにもゆかず、車でいったん川井小学校のあたりまで降りてまた、三木山の頂上近くまで登るということで、片道10kmくらい川井峠からかかったのではないかと思いました、(笑)
上の写真。
山の頂(いただき)が、「公園」になっていますが、実は昔の「小学校跡」です。
ここから、30m下ったところに三木家住宅はあります。

00008963.jpg

00008962.jpg

ネットで見た解説ですみません。
忌部(いんべ)氏は、中臣氏(のちの藤原氏)と同じく、天皇家(宮中)で、
祭りごとを司っていた、氏族だったらしい。

その氏族の一部が、
大和から「麻」の広大な栽培の地を求めて、阿波国に来たそうです。

00008961.jpg

大嘗祭(だいじょうさい)とは、
天皇が即位して、初めて、新穀その他、山の幸、海の幸を供えて、
皇祖 天照大神など、祖先を祭り、自分も食べる一代に一度の儀式。

00008960.jpg

その時に着る、「あらたえ」(あんなむずかしい漢字書けません)
つまり神服を「麻」で作るのですが、その麻を歴代「阿波忌部 氏」が
献上していたそうであります。
具体的に云うと、
その麻は「阿波忌部 氏」直系の子孫である「三木家」が納めていたそうです。

00008959.jpg

中世(南北朝時代)には、阿波山岳武士の旗頭として、
「南朝」に忠節を尽くしたそうです。

00008958.jpg

木の戸が前の部分で12枚ありました。
(片方に6枚づつ開けねば、部屋が明るくならないということ。たいへん)

00008966.jpg

すみません。2回同じ写真が入ってしまいました。

00008957.jpg

しばし探索。

00008956.jpg

庭の前には、大きな「けあき」の木がありました。

00008955.jpg

良い「気」の流れがあるのでしょうか?
神山塾生の宮原さん、気持ちよくて寝てしまいそうであります。

00008954.jpg

あちゃ!誰かの頭部が映ってしまいましたが、

00008953.jpg

国歌にうたわれている、「さざれ石」の説明がありました。

00008952.jpg

神山町や、佐那河内から出る、「さざれ石」が「国歌」の
「モデル石」になったのではないか・・・と書かれています。

三木家の中庭には、
“こんな大きな「もっこく」見たことがない”と思わず
口に出たくらい、「大きい木」がありました。

00008951.jpg

屋敷の裏には、(風よけと思われるのですが、)
大きな木が立っています。
「異様(いよう)」でなく、「偉容(いよう)」が感じられました。
(今日も、いまいちギャグですんません)(笑)

00008950.jpg

行ってみると、大きな「木」が2本ありまして、
00008949.jpg

いずれも、地表からすぐのところで、3本に分かれていました。

00008948.jpg

この木が「地名」の由来になったのかな・・とか思いながら、
三木家を後にしました。
「いにしえ」に思いをはせるというのも、なかなか良いものでございました。

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • ふと思ったのですが、「三ツ木」の地名も「三木家」からきてるんでしょうね。 漆喰の塗られていない土壁の土蔵、ステキですねぇ!

    2011年12月19日 17:20 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください