『マッスル vs. ハッスル』

なんでも2007年7月17日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(昨日の続報です!)インドネシア料理を堪能した後は、「インドネシアン・ダンスの時間」。

足を広げて、腰を少し折り、胸は張る。お尻を後ろに突き出し、手は甲側に折り、腕を水平に伸ばす。さらに、目は左、中央、右へと動かす・・・・。

こんな分裂症気味の動きなんか到底出来まへんがな・・・・(笑)。その上、これが結構というか、かなり足、腰、腕に堪えるのでございます。

ほら!先生は、いとも簡単にやってのけるのですが・・・・。

アユさんはいとも簡単に踊ってしまいます。

食べて、踊っての3時間があっという間に過ぎ去りました。楽しい講座が持てたと思います。9月に予定している次回の「フィリピン料理編」が今から待ち遠しいですねぇ・・・・。
で、夜がそのまま終わらないのが、グリーンバレー流。「イーフロント」(神山町に本拠を移したSOHO)の事務所に場所を移したニ次会(バトル?)。ここでのメインイベントは「ハッスル・マッスル!」。静かにお酒をたしなむ予定だったのが、突如として「アームレスリング大会」の会場に早変わり。

数々の名勝負の中でもひときわ力の入ったのが次の一番!

「赤コーナー 170パウンド1/4(?) アメリカ合衆国マサチューセッツ出身 マッスルクイーンジム所属 チャリス・オリーブ・ミッチェルーーーー」

VS.

「青コーナー 153パウンド3/4 八万町千鳥足出身 ハッスルキングジム所属 ニコライ・ポパイ・カワノーーーー」

緒戦は互角の戦い・・・・、

チャリス VS ニコライ 勝敗はいかに・・・。

と思いきや。最後は「がんばれ、ニッポン」の掛け声も空しく・・・・、

日本代表のニコライさんが負けてしまいました。

・・・・てな結果に終わってしまいました。

会場の殿方からは、チャリスの勝利を称賛する声とともに、「かあちゃんが優しい(?)日本人でよかった・・・・」という安堵のため息が漏れていたとか・・・・(笑)。

特に、独身の佐々木洋輔(酔う助)君はこれからの人生を生きる上で、貴重な教訓を得たものと思われます・・・・(笑)。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください