神山擬音まつり 活動報告

なんでも2013年5月8日

神山塾4期生

投稿者:神山塾4期生

こんばんは、神山塾4期生の浦山一世です。

先月の終わり、4月の27日に、たくさんの人たちのお力添えをお借りして、無事に「神山擬音まつり」を開催することができました。

まほら房×粟カフェ×農下村塾というコラボでやらせてもらった今回の企画は、参加者の子ども達や親御さんにも大変喜んでいただいて、企画・運営をさせていただいたこちらとしても、非常に嬉しい限りです。

というわけで、当日の様子を簡単にまとめてご報告したいと思います。

ちなみに当日は5人の子どもが参加者として来てくれました!

まずはじめは名札作り、それぞれがオリジナルの名札を作ります。

00010922.jpg

ペンとマスキングテープを使って、思い思いに名札を作りました。

名札が出来上がったら、いよいよワークショップ開始!

00010923.jpg

パソコンの周りにみんなを集めて一日の流れを説明しました。

パソコンが小さかったからみんな狭そうです。。

説明が終わったら、早速外に飛び出して撮影タイム!

00010924.jpg

00010931.jpg

00010925.jpg

00010926.jpg

00010932.jpg

今回選ばれた擬音は「さらさら」と「こそこそ」。

みんなで頭をひねりながら、身体で表現、それを写真におさめていきます。

さらには子ども達から希望がでた「ぐるぐる」も急遽追加して、3つの擬音を全身で表現しました。

そのあとは部屋に戻って撮った写真を現像します。

00010927.jpg

写真はプリンタを使って、その場で印刷!

みんなでお気に入りを選別しています。

そして印刷した写真を使って、最後の作品づくりに入っていきます。

00010928.jpg

00010929.jpg

00010933.jpg

00010934.jpg

写真を貼って、ペンで文字や絵を書いて、マスキングテープで装飾して。

みんなの作品がどんどん形になっていきました。

子どもたちは本当に個性的で、身体を動かすのが得意な子、絵を描くのが得意な子、カメラの撮影が得意な子、様々な子どもたちの個性が、世界に一つしかない作品を作り出しました。

スタッフも親御さんも驚く一方で、本当に素晴らしい子どもたちでした。

00010935.jpg

農下村塾の筆頭塾士もこの表情、本当にいい空間、いい時間を作ることができました。

今回の企画に関して、ご協力いただいた全ての方に、感謝の気持ちを伝えたいと思います、本当にありがとうございました。

まほら房はこれからもワークショップの企画が完成ししだい、子どもたちに提供していこうと考えています。

それでは!今後ともまほら房をよろしくお願いします!

神山塾4期生

神山塾4期生

神山塾4期生は神山のパワーに惹かれ、 太陽のようなあたたかなハートを持った 野性的な6毘古(ひこ)5毘賣(ひめ)。 北は北海道、南は沖縄から、 新しい時代に向けて持続可能な生き方、暮らし方、働き方を 見つけたいと思い集まりました。 神山の皆さんと一緒に、たくさんの笑顔を作りたいと思います。 やったらいいさー! やったらいいじゃん! やったらええじゃろ! やらまいか! やろまい! やりぃーやー! やったらええんちゃうん! いける、いけるで神山!

神山塾4期生の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください