神山の輪【続編】森林公園大野さんの巻

なんでも2014年6月23日

神山塾 6期生

投稿者:神山塾 6期生

ご無沙汰しております!神山塾6期生の金澤です。

だいぶ日が空いてしまいましたが、先日取材させていただいた神山しいたけ生産販売協同組合副理事長を務める神原紀仁さんにご紹介いただいた、徳島県立森林公園イルローザの森(以下、森林公園)で管理の仕事をされている徳島中央森林組合の大野浩さんにお話を伺ってきました!

00012120.jpg

森林公園は西龍王山の南側の豊かな自然林を利用して森林や林業の大切さを学習してもらう目的で平成元年につくられました。

森林公園では、さまざまなイベントや教室が各季節ごとに開催されているということですが、一番のオススメを伺ったところ4月に開催される「さくらまつり」とのこと。約3千本という県下でも有数の名所で、最盛期には駐車場の渋滞が5kmにもなるほど人気があり県内県外を問わず多くの見物客で賑わいます。

00012122.jpg

そんな王道イベントとは別に、大野さんの個人的に好きなところをお伺いしたところ、5月半ばの新緑や山に雪が積もった日がとても良いとのこと。多くの時間を過ごしている場所だからこその渋いチョイスですね!

大野さんは当時35歳のときに埼玉からここ神山にやってきたIターン組。東京でのサラリーマン生活に疲れて限界を感じていたところ、神山町が行っていた林業への就職支援を見つけてやってきたとのことでした。

00012123.jpg

あれから17年。はじめは林業の厳しい環境の中での仕事は想像を超えるほどだったそうですが、だんだんとそれにも慣れ、今では自然を相手にすることが気持ちよく、良い仕事ができているとのことでした。神山町での暮らしについては公共交通機関があまりなく不便とのことでしたが、自然が溢れる環境にはとても満足していらっしゃるようです。

今後の活動としては、今ある公園の管理を継続していきながら、新たにどんどん植樹をして来場者の楽しみを増やしていこうとしていらっしゃるとのことで、これからの森林公園も楽しみだなぁと思いました!

お忙しい中、本当にありがとうございました!また遊びに来ます!

00012125.jpg

そして次に大野さんに紹介していただいた方なんですが、うまく都合が合わなかった為、残念ながら取材を断念。。ということで!そんな緊急時には塾生が頼りにしている“アノ人”にすがることに!一体誰が登場するのでしょうか!!次回をどうぞお楽しみに!

コメント一覧

  • 大野さんって「Iターン」組だったのですか。 地元の人にしては言葉使いが丁寧だなと思ってました。 それにしても、「桜の写真」良いのを見つけてきました。 緊急時は、岩丸さんか、粟飯原国子さんか、サトーさんか

    2014年6月27日 07:03 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください