ミニ四ドローンを自分で組み立てて自分で飛ばすワークショップ

学び2016年7月6日

kms

投稿者:kms

※2016/7/11追記:大変ありがたいことに定員上限までお申し込みいただきました。7/24の回は現在は募集完了しています。次回は8/21に予定しておりますので、もしよろしければ8/21向けにお申し込みください。 

こんにちは、KMSの本橋です。

往年のミニ四駆のように自分の手で組み立てて、カスタマイズした機体を、自分の操縦で飛ばすことができるようになるワークショップのご案内です。

国内ではパーツの入手もなかなか難しかったり、組み立て方の情報もそれほど充実していません。それでも一度組み立て方さえ理解してしまえば、2台目、3台目と好きなだけ機体を増やすことも自由自在です。パーツの追加や交換もできれば、極限までの軽量化にチャレンジして楽しむことだってできます。

ホビーショップで購入したメーカー製のドローンとは違ったマニアックな楽しみ方をしてみたい方におすすめです。

今回のワークショップで用意したキットの完成写真がこちら。

機体とプロポ

これはX150という小さめサイズのクアッドローターで、今回はハンダ付け不要のキットを用意しました。ワークショップの中で組み立てながら、ドローンの構造がいかにシンプルなものか理解を深めることができます。

参加費用は3万6千円とちょっと張りますが、ワークショップ終了後はそのまま作成した機体を持ち帰ることができます。空撮カメラを搭載したり、FPVレーサー化してドローンレースに挑戦したり、フィギュアを載せて遊んだりとカスタマイズを楽しんでください。

参加費用には以下のセットを含みます。

  • ドローン本体組み立てキット
  • 5chプロポ(送信機)と受信機
  • リチウムポリマーバッテリー(11.1V 3S 360mAh)
  • バッテリー保護バッグ
  • 充電器

ドローン本体とバッテリーを含めた全備重量は186gの予定です。航空法の規制対象となる200gを下回っているため屋外で飛ばすことも可能ですが、ワークショップの中ではこんな小型のドローンであっても危険な場面があるというお話もさせていただこうと思っています。

このワークショップに参加することで、安全に、楽しくドローンの技術を身につけていってください。

みなさんのご参加をお待ちしています!


【日程】 2016年7月24日(日曜日) 13:00~17:00

【場所】 神山バレーサテライトオフィスコンプレックス (徳島県名西郡神山町下分字地野49-1)

【ワークショップ料】 36,000 円(会場利用料込み。)

【定員】 4名

【所用時間】 4時間程度を予定

【講師】 本橋大輔

【持ち物】
ノートパソコン(ドローンの設定に必要です)
使い慣れた精密ドライバーや六角レンチなどあればお持ちください。

【お問合せ・お申込み方法】

本橋まで直接ご連絡いただくか、KMSのEmailにてお申込みください。

info@kamiyama.ms

kms

kms

デジタル機器と手仕事のものづくりを通した活動を行い、神山を中心としたものづくりおよび人々のつながりの質を向上していくことを目的としたメイカーズの灯台です。

kmsの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください