メーキング・ニコライ・デビュー

なんでも2008年7月24日

chan

投稿者:chan

『イン神山に投稿したいけど、デジカメの写真をパソコンに取り込むところからわからない』というニコライさん。

そんなおとうさんに、『それはね、まず、カメラとパソコンをUSBで接続してね、、、、』
なんて、やっても、まず通じない。

日本語でやっても、英語でやっても、同じぐらい通じない。スペイン語もだめ。

現場で、現物さわりながらじゃないと、らちがあかないということで、先日、ニコライ家におじゃましてきました。

日曜日の午後。お昼ご飯をご馳走になって、昼寝を楽しんで、ほんじゃぼちぼちと、とグリーンバレー流にことはゆっくりと進んでいくのだけど、 『写真を』というと、ニコちゃん、奥さん、ぼくとの3人で並んで記念写真を撮ることになる。

『べつになんの写真でもかまわないから』と言っても、いったん動き始めたニコライ氏には通じない。ひとりしゃかりきになって、セルフタイマー撮影の準備を始めている。

本人はいたって真剣だし、、、、

メグさんに、『おかあさん、なんとか言ってやってよ 』と援護射撃を求めたけど、

この旦那にして、この女房   グルだわ  このふたり

あかんわ、ノっちゃってる。。。。

しゃあないなぁ、と腹を決めて記念写真にお付き合いするけど、当然のことながら?ことはすんなりとは運ばない。

『カメラもしばらく使わんと、忘れるもんやなぁ』という台詞を5回ぐらいリピート再生して、やっとシャッターを切ったと思ったら、

『やっぱりこういうときは、ビシッと決めないとね』

あーだこーだ、ごたくを並べて、しかも髪型まで直そうとするものだから、

ぼくの笑いもひきつっております。。。

間に合わない。

ストロボが光ったの、光らないのと、いろいろとやって

 

やっとまともなのが撮れたかなと思ったら、、、、

『おまえ、ちょっとひとこと言うてくれよ』 『だっていっつも、そんなんやんか』

『シャツの前がはだけとるわ。こりゃ、あかんわ』と、もう一回。

気合いを入れて、ボタンを留めて、、、、

さあ、こんどこそ!

 

『これで完璧だ!』

ああ、でも、お腹のボタンは、外れたままなのよねぇ。。。。。

まあ、だいたいがこの調子だから、そのあとのパソコン編も推して計るべしという案配。

その日のうちに、ニコライさんから、投稿があったというだけで、僥倖と言えましょう。

さあ、ニコライさん、夏の間に、もう一本ぐらい、いっときましょうか!!!

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • ウィキペディアによると、「明治以降の日本の近代化に伴い全国的に普及した。現在の日常生活においては中年以上の年齢の男性が穿く事が多い。」とある。 (ニコライの姿を見ると、)「中年以上でないとはかない」とは容易に想像できる・・・(笑)。 ちなみに、私ははいたことがないのだか、心地良さそうではある。

    2008年7月25日 16:47 | 大南 信也

  • チャンさん、知らぬ間に、たくさん撮ってくれていたのですね。 (9枚も、載っておる。) たくさん載せて頂いて、文句云うようで、申し訳ないのですが、 タイトル画は、もう少し良い写真がなかったのでしょうか?(笑) この夏、もう一度は載せねばなりますまい。 チャンさんの手助けなしで・・・。 大南様。 はいているのは、「短パン」で一応、「ステテコ」では無いのですが・・・・。(笑)

    2008年7月26日 00:15 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください