シュウカイドウ観察会+薬草講演

なんでも2008年8月20日

Events

投稿者:Events

神山町上分の「もり植物園」では、秋の野草が花を咲かせ始め、シュウカイドウやイワタバコがそろそろ見頃を迎えます。そこで、下記の要領で、「シュウカイドウ観察会+薬草講演」を開催します。

と き: 9月7日(日)小雨決行

10時~12時 シュウカイドウなど植物園内観察
12時~13時 昼食 (各自持参)
13時~14時 講演
講師  徳島文理大学薬学部教授 薬学博士 橋本敏弘先生
演題  医食同源(薬食同源)~おばあちゃんの知恵袋~

ところ: もり植物園 (参加費無料)

連絡先:もり植物園(088-677-0607)

【トリビア】

シュウカイドウ(秋海棠): 中国原産の多年生草本球根植物。直射日光が当たらない程度に明るく、湿気の多い場所を好む。2〜3cm 程度の淡紅色の可憐な花を咲かせる。

日干し乾燥したイワタバコの葉は、食べすぎ、飲みすぎ、胃もたれ、食欲不振、消化促進に有効。

イワタバコ: 根生して垂れ下がって生える葉がタバコの葉に似ていることから名付けられた多年草。谷間の湿った崖や水の滴る岩壁に着生し、夏に紅紫色の美しい花を付ける。

Events

Events

The faceless, nameless person who tells everyone about events happening in Kamiyama.

Eventsの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください