神山つなぐ公社の学生インターン、上田です!

神山日記帳2017年8月21日

上田 利瑳子

投稿者:上田 利瑳子

はじめまして!

神山つなぐ公社で学生インターンをしています、上田利瑳子といいます。
9月下旬までの1ヶ月間、お世話になります!
ひとづくり部門で、主に教育に関わることに携わらせていただきます。

大学では、まちづくりや教育、デザインについて学び、
今は地域と教育の関係性について研究しています。

出身は、熊本の八代というところです。
田んぼが家の周りにたくさんあるようなところで育ち、
高校では放送部に入って、自分たちでドキュメント番組をつくっていました。テーマは「地域活性化」。

私が地域というものに興味を持ったきっかけでした。


高校生のころ、コンテストで番組に賞をもらった時の写真(左)。顔が引きつっている。

それを作ったのは、高3の頃。

番組を作って気づいたのは、地域には色々な見方があるということ。
ただ映像を撮るだけじゃダメで、どんな人が、どんな思いで、八代で何をしようとしているのか、踏み込む必要がありました。
取材しながら、こんな熱い思いでやろうとしているおじさんがいるんだ、とか、一方であまりいい思いをしていない人もいるんだ、とか。

18年間住んできた地元を、初めて違う見方で見れた瞬間が
カメラを通して、ドキュメント番組を作った時のことでした。

・・・・・

神山町では、7人の中高生が「国際交流プロジェクト」としてオランダに行ってきて、今日帰ってきたばかりだと聞きました。

しかも、全員が初めての海外らしく。外に出る、ということは、一瞬だけ"外の人"になって、地元を見つめられるということでもあって。

また神山のことを新たに知ったり、好きになったり、気づくこともあったりするのでしょうか。

彼らに会って、話を聞けるのが楽しみです。

・・・・・

今日で神山に来てから、1週間が経ちました。

阿波踊りに連れてってもらったり(踊って楽しかった!)、
お休みの日には、家のすぐ裏の川の上で本を読んで過ごしたり、


このあと足が真っ赤に焼けました。

自転車をうわーっと漕いで温泉に行ったりと(帰りも汗だくになりました)、
まだまだ知らない神山のことを、少しずつ楽しませてもらってます。

道端で汗だくになって自転車を漕いでいる女がいたら、私です。
見かけたら、ほほえんでくださると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします!

上田 利瑳子

上田 利瑳子

神山つなぐ公社・ひとづくり部門の学生インターンです。熊本出身。 この夏は神山でいっぱい焼きたい!

上田 利瑳子の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください