素晴らしき哉、人生・百歳万歳!

なんでも2008年11月21日

大南 信也

投稿者:大南 信也

( ↑ 美しく老いるとはこういうことなのだ、と思い知る日となりました。)

「みな、どしたんで、今日は?」

「おばあさんの百歳のお祝いに来たんでよ!」

「百歳? わたし、百で? 百になったで・・・」

(先月のことになりますが、)お隣りの佐伯末子さんが百歳を迎え、近所そろってお祝いに出かけました。

日向ぼっこ姿を見かけなくなって、もう何年にもなります。どんな風に歳を重ねられているのか、想像もつきません・・・。

写真を見ながら歓談・・・?いえいえ、贈られたお祝い状をみんなに読み聞かせてくれてるところ。 「徳島県 佐伯末子殿 明治四十一年・・・」 あじゃぱー、みな読んでもた・・・!

ところが、どっこい、身も、心も、頭までもがシャッキンやないですか!

“ちょっと”と言うか、“ようけ”おぶけました・・・(笑)。

一言一句として支えることも、読み飛ばすことも、読み違えることもなく・・・。

「内閣総理大臣・福田康夫」「徳島県知事・飯泉嘉門」の名前もしっかりとした声で、・・・。

こんな調子です。「頻繁」「未曾有」「踏襲」なんざ、読み違えるはずもない。ねぇ、麻生さん・・・(笑)。

「きれいな花じゃなぁ!」と大喜び。花屋さんのシールの内容から包装紙の「SOGO」の文字に至るまで、スラスラとよどみなく・・・!

「美しく老いる!」 言葉が姿として、そこに在りました。

「わたしはなぁ、今のあんたの歳から五十年も生きてきたんでよ!」そんな声を聴いたような気がしました。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • おめでとうございます。 美しく生きる、美しく老いる 目標にしたいところです。 先日、ももとせの祝いを目前に往ってしまった親戚のおばあちゃんの笑顔を想い出していました。 いつまでもお元気で!

    2008年11月21日 18:50 | 仁木島 昭

  • お話を伺いながら、爽やかな気持ちになっていく自分を感じていました。ほんとうにステキなおばあちゃんです。

    2008年11月21日 20:24 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください