今年のグリーンバレー

なんでも2009年1月1日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(↑ 大粟山から新年を迎えた緑の谷を望む。2009年1月1日12時42分撮影)

内外とも波乱に満ちた年が終わり、新たな幕が静かに開きました。
皆さんには、お元気で新しい年を迎えられたと思います。

新聞もテレビも悲観論一色の年始です。嘆きが世の中を変えるのであればなんの苦労もありません。表層的な批評が不満のはけ口になり得たとしても、解決法に直結しないことは経験上明らかです。

こんな時代だからこそ、もう一度自分たちの立ち位置を確かめ直し、新たな道を拓くために力を尽くしたいもの。

実践!そうです。実践以外にないのです。

そんなグリーンバレーの挑戦は今年も続きます!一例を挙げると、

神山でアート事業が本格化します】
 自費滞在アーティストの受け入れを開始。いよいよ世界中からのアーティストたちが周年町内に滞在し、制作活動に勤しむ姿を日常的に目にすることができる町になります。

なんかワクワクするなぁ・・・。 → また忙しくなるなぁ・・・(笑)

ちなみに今年前半の滞在予定は、つぎのとおり。
 1月20日~4月1日 アダム・アヴィカイネン (アメリカ合衆国)
 4月13日~5月15日 「森と木のプロジェクト-Three Trees
           楡木令子 (徳島県吉野川市)
           リトヴァ・コヴァライネン (フィンランド)
           サンニ・セッポ  (フィンランド)
 5月20日~6月30日 マンディ・リドリー *予定(オーストラリア)
 7月??日~8月??日 シャーロット・マクゴワン‐グリフィン
           (イギリス)

【棚田再生事業に取り組みます】
 農林水産省「農山漁村地域力支援モデル事業」(平成20~24年度)の一環。神山町江田地区の皆さんと力を合わせて、耕作放棄されている棚田(約1,383㎡)を開墾。徳島県内の大学生らと連携して稲作や交流事業を行います。

【創造の森の指定管理が始まります】
 神山温泉の対岸という好立地を生かし、梅林の復活や昆虫の森づくりなど、新たな憩い、集いの場づくりに挑戦します。

(柔の歌詞ではありませんが、)「口で言うより 手の方が早い」のがグリーンバレー!今年も(神山町をステキな町に変えるため、)静かに、そして激しく燃えたいと思います。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 「口で言うより 手の方が早い」 素晴らしい!

    2009年1月1日 22:13 | ニシムラ

  • 柔の手は腕力ですが、こちらはガンジーやキング牧師! 非暴力の側の手です・・・。

    2009年1月1日 22:49 | 大南 信也

  • あなたが「手」なら、私は「足」出しましょう!(笑) 今年もよろしくお願いします!

    2009年1月2日 11:07 | ニコライ

  • 足ねぇ・・・(?)蛇足とならぬように、くれぐれも。 今年も一口多めで参ります・・・(笑)

    2009年1月2日 11:34 | 大南 信也

  • そんなに続々とイベント目白押しですね。 すごい! 徳島新聞の方にお聞きしたのですが、結構、県外の方に「神山ってどんなとこ?」って聞かれることがあるらしいです。 手ごたえを感じると嬉しい!いろんな意味で神山に求心力ができつつある感じですね。

    2009年1月9日 11:16 | サスケ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください