今年もオランダ行ってきました!-神山町国際交流プロジェクト-

学び2019年9月1日

秋山 千草

投稿者:秋山 千草

今年も行ってきました!
訪問プログラムinオランダ!
そして、9/14(土)に帰国報告会開催します!

今年は、一人一人が設定した学習テーマに沿って発表します。
興味関心は人それぞれ。ということで、
「子どもの幸福度が世界一なのは何故!?」という真面目な子から、

「オランダ人の高身長の秘密は?」という男の子の率直な疑問、

「人と人との関わり」という、人生通しての大きなテーマを選ぶ子まで。

そんな
彼らの訪問の様子を少しご紹介。
「学習テーマ」を掲げるからには、たくさん学びの場へ足を運んできました!

ということで、まずは「農業」をテーマにした子たちのために、オランダの農業といえば!が見られる現場へ。

完全防備で説明を聞きました。
詳細は報告会でお伝えするので、どんな農業スタイルだったか、何を学んだかなどは報告会にてお楽しみに。

また、食の社会課題に関心あり!という子の興味を受けて、
廃棄になりそうな食品をレスキューして調理するレストランへ。

なんと綺麗な見栄え。
これが廃棄になる食品から作られたとは思えない・・・

あとは、神山に関係のある方がしているMaker space行ったり

ただのボート?と思いきや、保護した猫を飼い主に受け渡す施設を訪問したり

なかなかそれぞれの興味関心が色々で、いろんな学びの場に行けました。

その合間に綺麗な景色と共にパシャり。
オランダの街並みもしっかり楽しんでおります。

あとは、小学校も訪問しました。
夏休みだったから学童保育に通う子たちしかおらず、その小ささ(4歳〜小学校!)に驚いたりも。

オランダの最先端農業を見た後に、市民が行う自然農も見たりして、そのギャップにもなかなか気づきがあったよう。

アムステルダム近辺にて、そんな学びの毎日を送ったあとは、

カトウェイクという町でホームステイ!

英語やオランダ語を全て日本語に訳してもらっていた時間から、
一気に日本語のない世界へ。


 

ホームステイは3泊4日なのですが、楽しい思い出が過ぎるのは早いもの。

あっという間に日が過ぎて、こちらは最終日の写真。

空港にホストファミリーが見送りに来てくれました

たった9日間。
でも、中高生という貴重な時期に、訪れた9日間の旅は
いろんな発見・気づきがあったはず。
帰国報告会では、学習テーマだけでなく、
彼ら、彼女らの感じたことをみなさんに伝えます。

今から帰国報告会が心配と緊張している子もいますが、暖かい雰囲気で見に来てくださると嬉しいですー!

 

秋山 千草

秋山 千草

東京の練馬区出身。神山つなぐ公社ひとづくり担当。川沿いを自転車で走るのが好き。大学時代訪れた「アフリカ」に関連するワードに敏感。

秋山 千草の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする