哲学カフェin Kamiyama vol.8のお知らせ

なんでも2021年4月16日

hiroyo

投稿者:hiroyo

みなさんこんにちは。
2021年4月、第8回目の哲学カフェのお知らせです。

4月から広野小学校旧校舎に場所を移し、ほぼ毎週土日の開催になったコーヒーとほんのひろば
場所が変わってもよい雰囲気はそのままに、子供たちの楽しそうな様子が印象的でした。

昨年7月に始めた哲学カフェも一緒に引っ越ししてみます。
違う景色の中で話をすると違う対話が生まれるかもしれません。
基本的には答えのない問いについて語り合う場なので、
毎回中途半端な、モヤっとした気分で終わっていると思うのですが、
それがこの哲学カフェの醍醐味なんだとも思っています。

こんなご時世なので、どうぞマスクの着用と
入り口での消毒等、ご配慮をよろしくお願いします。

当日のテーマはいつも同様、集まった人たちで決めましょう。
話してみたいことがあればどうぞ提案してください。

予約や申し込みは不要ですので、思い立ったらぜひご参加ください。

日時:2021年4月18日(日)11:00〜12:00*
(*時間がいつもと違います。ご注意ください!!)
場所:広野小学校旧校舎 校長室
(入り口を入ってすぐ右の部屋です)
予約、申込み:不要、直接会場にお越しください
参加費:無料

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
以下、「哲学カフェって何?」という方のために簡単なご紹介を再掲しておきます。


「哲学」と書かれているとそれだけで自分とは関係ない!、と思ってしまう方もおられるかもしれませんが難しく考えなくても大丈夫。フランスのある哲学者は「哲学とは驚き、問いを立て、それについて考えること。もっとも驚きに満ちているのは子供で、子供はみんな哲学者です。」と話しています。

—– 哲学カフェって何?

「街中のカフェなど誰もが自由に出入りできる場所で、飲み物を片手に参加者同士で特定のテーマについて話し合う営み」です。(※原則、哲学カフェの開催は、コーヒーとほんのひろばと同時なので豆ちよさんが淹れてくれるコーヒーやその他ドリンク類、その日のおやつが販売されています。)

—– 何をするの?

1992年にパリで始まった哲学カフェは今では世界中に広まっているそうですが、内容は会場によってそれぞれ。この哲学カフェin Kamiyamaでは、その日たまたま関心を持って集まってくれた人たち全員で、生きていく中でふと思うことに意識を傾けたり、意味を考えたり、疑問に思っていることを話したり、その考えをシェアしあっていく時間をつくっていけたらと思っています。

hiroyo

hiroyo

田畑や料理をしています。 それぞれの人が本当に大切に想うことをきちんと大切にできる毎日が理想で、繋がりや循環が自分の中のキーワード。

hiroyoの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください