8月のアドプト(第65回目)~駆け抜ける喜び~

なんでも2009年9月16日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(↑ 行事続きで忙しい中、駆けつけたアドプトの戦士たち。前列左から松村憲さん、ニコライさん、松岡光春さん、佐藤英雄さん、浦辺隆さん。後列左から楠木俊治さん、西森規夫さん、西森大地さん、荘司真由美さん。ゴミの量は少なかったです。確実に減量中!)

13日の日曜日、(半月遅れの)8月のアドプトを行いました。

総勢10名。大阪大学大学院でまちづくりを学んでいる松岡光春さんも特別参加です。大学の研究の一環で、地域で魅力的なまちづくりを行っている場所や、その魅力を作り出している要因を調査しているらしく、グリーンバレーや神山アーティスト・イン・レジデンスの様子を視察に訪れたもの。

二泊三日で、KAIR作家歓迎会にも参加。14日、大阪大学と阿南市との間で進められている「大阪大学ここも体験学習教室」準備のために、阿南市へ向かいました。非常に爽やかな青年でした。

で、「爽やか」と言えば、アドプトを終えた道路もその一つ。とにかく気分がスッキリ!

荷台に載せたゴミ袋が飛散しないよう要員も万全に、すっかりキレイなった道路を駆け抜ける。まさに「Freude am Fahren 駆け抜ける喜び」

「Freude am Fahren (駆け抜ける喜び)」を体感する一瞬!
(BMWの企業哲学を表すキャッチコピーです・・・(笑))

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • ちょっと、あんさん。 第二外国語がドイツ語だって言ったって、BMWの企業哲学を 言われたってわかりませんがな・・。 大阪大学大学院でまちづくりを学んでいる松岡光春さん。 さすが神山に来るだけのことある、良い青年でした。 日本の未来は明るい! うちの倉庫に泊まった縁(えん)あり。 どうだい。うちの娘!(笑)

    2009年9月16日 23:07 | ニコライ

  • ひと目会ったその日から、 恋の花咲くこともある。 見知らぬ貴女(あなた)と 見知らぬ貴男(あなた)に、 デートを取り持つ「イン神山」DEデート! と行きまひょうか・・・(?) 古過ぎて、意味が通じんでしょうなぁ・・・(笑)

    2009年9月16日 23:52 | 大南 信也

  • はい。はい。通じないでしょう。(笑) ところで カモミールさんは、「荘司」さんと書きまして、「庄司」さんではありません。 「神山さくらの会」の会長から指摘を受ける前に、老婆心ながら、ご指摘させて頂きます。(笑)

    2009年9月17日 00:42 | ニコライ

  • 訂正しました。 以前の記事で確認するべきでしたが、ついつい作業を省いてしまう・・・。 人生の時間に限りがあっても、この辺には時間をかけないとね・・・(笑)

    2009年9月17日 08:12 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください