照らす!

なんでも2008年4月3日

chan

投稿者:chan

ずいぶんと遅くなってしまったような気もすれば、意外に早かったような気もする。
おそらくは、ベストのタイミングでことは動いていっているということにしておこう。。。

とうとうchanTakのテラス部分の工事が始まった。

自宅兼パン屋の部門の最終工事だ。
このテラスが完成すれば、そこに石窯を据えて本格的にパンやスイーツを焼きはじめることができる。
細々とではあるが、chanpanの店頭販売もして、chan&kokoはパン屋さんになれるし、訪れた人にゆっくりとお茶を楽しんでもらうこともできる。
chanpanのオープンを心待ちにしてくださっていた皆さん、まもなくお山のベーカリー『chanpan』、こそっと開店します。

そんな記念すべきテラス工事の着工の日に、ナイスなお客さんがあった。
北島に住むうちの丸ごとフレンドファミリー、ファンキーミナミ一座だ。

この日は、お好み焼きの具材一式を持って、ケータリング出張しに来てくれた。
ぼくは、ミナミ一座のお好み焼きが大好物。
旦那のファンキーさんのお母さんが元お好み焼き屋さんで、北島の彼らの家に遊びに行くといつも小さなお店のような離れでとっておきのお好み焼きをご馳走してくれる。ミナミグランマは高齢とあって神山までは来られなかったが、その奥義を引き継ぐミナミママ・ももちゃんが抜かりのないパッキングと手際のよいコテさばきで、我が家のキッチンストーブの上で、ほいほいミナミスペシャルを焼いてくれたのだ。

豚玉、エビ玉、ネギ焼き。。。 ああ、粉もの天国!

薪の火で焼かれたシンプルながらぐいっとツボを押さえたお好み焼きの味といったら、そりゃあもう。。。

そして満腹のおなかがややこなれてからは、お庭でミニ演奏会。ミナミパパがギターを弾いて、長女の明日菜がタイコをたたきながら歌を唄う。その下のベイビー隊は踊りで場を盛り上げる。ぼくもタイコで参加する。

これもある意味お神楽なのかも。。。

大工さんふたりも手を止めてみんなで盛りあがったところでふと気がつけば、いまこうして謡や舞を楽しんでいるところは、『chanpan & cafe』のテラスになるスペース。
ぼくはここで、ライブを開いたり、映画会をやったり、人が集まってハッピーモードのつながりが生まれるようにしたいと願ってずっとやってきた。

工事に手をつけたその日から、もう『まつり』は始まっていたようだ。
おいしいご馳走をみんなで食して、演じた曲は、図らずも『コーヒールンバ』!
カフェの祝いにうってつけのメロディーではあ〜りませんか!
なにも考えず楽しんでいたら、いつのまにかカフェの立ち上げの祝いの宴がかたちになっていた。
ベイビー踊り隊もくるくる楽しそうに廻り舞っている。

なんだか、いい感じにスパイラルしてきましたよ!

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • うわっ、こんなところで南さんに再会できるとは! 東京のパン屋さん「ルヴァン」での古い友人です。 南さんは、いまどこに住んでいるの?

    2008年4月7日 12:11 | 西村佳哲

  • ファンキーさんと西村さんが友人だったとは!!! これは我が家にとってもかなり驚きです! ルヴァンつながりですか。。。 うちも(まだ開店してませんが)そっち系のパン屋なんですよねぇ。。。 なんと言いましょうか。。。 もう笑っちゃうしかないですね! ちなみに、おとといの月曜日(西村さんが書き込みしてくれた日)にミナミ一座がまたうちに来ていて、『こんなページを作ったんだよ』とファンキーさんや子供たちに見せたとこでした。 その時点では、ぼくも西村さんの書き込みには気がついてなくて(メール連絡もまだなかったですし。。。)、写真だけざーっと見て終わっていたのですが、、、、 ほんとに世の中おもしろいですねぇ ミナミ一座はいま、徳島市の北隣の北島町に住んでいます。 ここからは車で一時間ぐらいの距離です。

    2008年4月9日 22:00 | chan

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください