9月の森づくり(山の食事)

なんでも2009年10月1日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(↑ 森づくり戦士たちに交じって、アーティストたちも加わる森の食事。秋の定番風景です。美味しい食事に、何度もお代わりで席を立つ人も・・・。右手前の楠木さんは、食事前のお祈り真っ最中!?)

ニコライさんのデジカメが壊れたとかで、代わってボクが(23日にいただいた)森の食事の紹介。
早よう新しいのを、買うてちょうだいね・・・(笑)

さて、当番を引き受けてくれたのは、いつもフットワークの軽い「粟飯原国子&シスターズ」。工夫を凝らしたヘルシー野菜ランチには定評があります。

元気の出る二汁一菜。どんぶり一杯の栗ご飯、冬瓜のスープ、カボチャのスープに、キュウリの酢の物。山と畑の幸の直行便です。

今回も、栗、冬瓜、南瓜、キュウリ、トマトなど、山の幸がふんだんに入った健康食。大変美味しくいただきました。どうもありがとう!

調理に長時間を費やしていただいた割には、短い記事で申し訳ない。
次回からは、ニコライさんがこってり書いてくれますよってに、お堪えなして・・・(笑)

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 「栗ごはん」に「冬瓜スープ」美味しかったです。 粟飯原国子様チームにはいつも感謝致しております。 デジカメこわれました。 安岐さんおすすめの「キャノンG10」見に行ったけど、 お店になし。「リコーのGX100」もなし。 新機種が出る間際になると、旧機種は値崩れを起こすから 店頭から引き上げられてしまうらしい。 メーカーもよく考えています。 いづれにしても、買えばカードローンがまっかっかになる私。 メーカー並みによく考えています・・・・・くっくっく (苦しい笑い)。

    2009年10月2日 12:33 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください